« 試聴会のお知らせ | トップページ | イタリアからのお客様 »

2006年4月 4日 (火)

JBLと共に THE END

Img_room_1 JBLとは18才からのおつきあいでなんともうすぐ30年がたってしまいます。私は子供の頃からせっかちでうまく物事が運ばないとすぐに飽きてしまう性格でした。でも音楽とオーディオは今でも私の傍に残り私の心を励まし奮い立たせてくれる存在なのです。
しかしです、その様な日は滅多になくうまく鳴らない日々が数ヶ月も続く事もあり、いい加減ウンザリした事が殆んど。キツク・鋭い音が耳を脳を刺激し、顔や首筋がヒリヒリする時もありましたが、私はそれでもJBLでチャレンジし続けました。でもなぜ辛くてもチャンレンジし続ける事が出来るのか、それは時々現れる最高のサウンドを知っているからであります。

ダイナでの27年間、私は沢山の同じ志を持つ人達と出会いその音楽と音を体験してきました。この体験と30年間の自宅での出来事の総てが私の現在の音楽・サウンドイメージを作り上げ、これからもさらに進歩させてくれる予感があります。
ダラダラと書きましたがこの30年間本当に沢山の出来事がありました。
決定的な打開策や妙薬はある筈もありませんが、この経験が皆様のお役にまたは何かを決める為のきっかけになればと思います。
これを読んで面白い、または変わった奴だなと思いましたらJBL好きの方に限らずどうぞハウス5Fまで遊びにお寄り下さい。

サウンドハウス 5F アメリカンサウンドフロアー 厚木 atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

« 試聴会のお知らせ | トップページ | イタリアからのお客様 »