« サウンドハウス1F。 | トップページ | JBLと共に NO3 »

2006年4月 3日 (月)

JBLと共に NO2

JBL DD○○○○○WXの前に使用していたJBLは D50S8R OLYMPUS。でも中身は K145 375 537-509 075 と変則的なものでありました。特にこの中では K145 と 537-509 が異色でありますが私は初めからこのユニットを組み込むつもりでOLYNPUSを選択したのです。
PR15 は外してメクラ板をカットアンドトライで取り付け低音の調整に明け暮れ、ホーンの位置や各ユニットの極性など落ち着いて音楽を聴けるようになるまで10年はかかりましたか。ちなみにネットワークはLX5・N7000、配線はベルデンのオリジナルです。この変則OLYMPUSで15年間オーディオの勉強をさせて頂き、真打のJBL DD○○○○○WXに変更する前の音を聴いてくれたImg_hl89 友人のY氏が「120%鳴るようになったね」とお墨付きを貰えるほど良く鳴っていてくれたものです。

サウンドハウス 5F 厚木 atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

« サウンドハウス1F。 | トップページ | JBLと共に NO3 »