« 先行☆中古情報 | トップページ | いろいろな「アリ」な楽しみ方!その3 »

2006年4月11日 (火)

可能性。

"LINDEMANN.830" の登場によって、さらによくなったジョセフオーディオ・パールの可能性を探るべく、セッティングを見直してみました。Sh4fhp06041101




あまり変わった印象はないかもしれませんが、音は確実に変わりました。もちろん良い方向にです。興味のあるかたは来店された際に確認してみてください。この経験で、このフロアの部屋の素性が少し理解できました。いやはや、オーディオはホントに深いですね。

週末大活躍してくれた  "LINDEMANN.830" プリアンプですが、本日また新たな場所に旅立ちます。週末聴けた方はラッキーでした。聞き逃した方はまた次の機会にでも。このプリアンプはオススメです。
組み合わせは、
emmLabs CDSD&DAC6E
     ↓
LIDEMANN. 830
     ↓
CHORD SPM1400E
     ↓
JosephAudio Pearl
でした。
解説:
emmLabsはもう説明しなくてもよいですね。SACDプレーヤーのスタンダードです。
830は、そのemmLabsの圧倒的な情報量をそのままに、そこに音楽性を加えてパワーアンプをドライブしてくれました。
CHORDのパワーアンプの音は、イメージがわかない方が多いと思いますが、一言で例えると「縁の下の力持ち」です。圧倒的なパワーと、無色透明でハイスピード。組み合わせるプリアンプが重要です。
パールは、非常に素直なスピーカーです。そして、低域の再生能力がかなりあります。それゆえにうまく鳴らないことが多いようです。(苦労しました!)

このシステムから出てきた音は、とにかく素直な音でした!音楽が生活空間にすっと溶け込むような音です。実はこういう音を日々目標にしてますので、そういう音をお探しの方はご相談ください。

最後に速報です。
・ゴールデンウィーク(5/1~)にソナスファベールのアマティとガルネリが当フロアに来ます!お楽しみに。
・CHORDの製品が夏頃に一部値上げがあります。検討中の方はご相談ください。

4F担当 小山 

|

« 先行☆中古情報 | トップページ | いろいろな「アリ」な楽しみ方!その3 »