« ハイエンドオーディオフロア | トップページ | ガルネリのセッティング »

2006年7月 3日 (月)

個性的なスピーカー達の紹介です。

当フロアで現在展示していますスピーカーを紹介いたします。
フロアの名前が「ヨーロピアンサウンド」ということもあり、ヨーロッパのスピーカーが中心です。

まずはモニター的なスピーカーの2機種。1
B&W「800D」、GERMAN PHYSIKS「HRS120」

B&W「800D」はコレといった特徴を言うのは難しいのですが、ブレのないシッカリとした音。後に紹介するスピーカー達を聞いた後で聞くと、これはこれで個性的なのかなと思ったりもしますが、現代スピーカーのリファレンス。本当に良く出来たスピーカーです。GERMAN PHYSIKSはモニターというと意外に思われるかもしれませんが、形こそ変わっているものの音はいたってクリアーで、何かを付け加えるということは一切ありません。音の出方が無指向性という点が、他とは異なりますが、入力された信号にはとても忠実なスピーカーです。

そして楽器的なスピーカー3機種。
ベーゼンドルファー「VC2」、SONUS FABERの「Guarneri Memento」「Amati Anniversario」

2SONUS FABERのスピーカーは、音も仕上げも美しい弦楽器そのものです。明るく艶のある音色を聞かせてくれます。ベーゼンドルファーは130Hz以下の低域を、ホーンレゾネーターというプレートを共鳴させることにより再生しています。ですからウーファーユニットはありません。SONUS FABERに比べると渋い音色が、それはそれで魅力があります。形から想像もつかないナチュラルな音に驚かれるお客様が多いものです。

どれもユニークなスピーカーですが、それぞれ音に強い主張を感じます。組み合わせるアンプは・・・?色々試してレポートしていきたいと思います。

4F 上遠野

|

« ハイエンドオーディオフロア | トップページ | ガルネリのセッティング »