« ガルネリとアンプ | トップページ | ガルネリと真空管アンプ »

2006年7月 8日 (土)

UNISON RESEARCHのSINFONIAと・・・

70001 今日は「amati anniversario」のリクエストが多い一日でした。試しにガルネリを鳴らしていたプリメインアンプの「SINFONIA」と接続。キースのピアノの音も軽く出てきて気持ちがいい。「TERRY GIBBS DREAM BAND」、ビックバンドのジャズは音量を上げると苦しそうですが、すごく一生懸命な演奏。とはいえもう少し余裕のあるアンプの方が良いでしょう。意外に思われるかもしれませんが、このスピーカー、ジャズもいいですね。ハイパワーアンプでガンガン鳴らすとホットな音が出そうな気配がプンプンしました。

さて夕方、久しぶりに来店されたお客様のリクエストで、今度はGERMAN PHYSIKS「HRS120」を合わせてみました。ポップスのベースは図太くていいんですが、声がきつくなってしまいました。弦楽四重奏も一本調子になってしまい、若干粗さも感じてしまいます。残念ながらこれは良い組み合わせではありませんでした。先日のW杯準決勝の後、ドイツ人はイタリア人にライバル意識を持っているいう新聞の記事を読みましたが・・・関係ないですね。

結局今日は「SINFONIA」中心の一日でした。3つのスピーカーで組み合わせの中で良かったのは、やはり「guarneri memento」でした。うまく言えませんが、ある範囲でお互いの持ち味を良く発揮している感じがしました。もっとスケール感を、とか低い音を伸ばそう、なんてはじまるとキリがなくなります。「これで十分、あとは音楽を楽しもう」そんなスタンスの方がどうやら幸せになれそうです。

4F 上遠野

|

« ガルネリとアンプ | トップページ | ガルネリと真空管アンプ »