« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006年4月 8日 (土)

お客様宅紹介vol.1

Hsama今朝は横浜市のH様宅へ納品へ伺いました。システムはDENON「DCD-SA1」、LUXMAN「L-590A」、B&W「803S」という実力機種たちです。この組み合わせはジャンルを選ばず楽しめる個人的に一押しのシステム。H様も「小さな音でも低域の量感が出るし、聴きやすい音ですね」とおっしゃってました。エージングはこれからですし、調整のポイントもいくつかありますが、音楽を楽しみながら少しずつ行っていければと思います。H様、本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

2F 上遠野

|

ユーザーの声 VOL1

Cx401mk2_1 ベルエアーCX401mkⅡ、ML-1のユーザーの声をご紹介します。

http://www.bellair-sound.com/

パイプオルガンの発表会も終わりしばらくピアノ(ベーゼンドルファー)にもどることしますと言う

Kさんは、生の演奏で鍛えた耳の持主です。「この自然な響きはサカラエナイ音」音楽そのものを表現してくれますベルエアーの作者は芸術家だと思います。やっとめぐり合えた宝物です。

3F担当 林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

オーディオの楽しみ方 その1

Eyes0518 わたしの場合は子供の頃の体験がやはり強力にあって音楽好きになり今日に至っています。
皆さんも一度や二度は体験していると思いますが、わたしの場合は家にあった3点一式のトリオ(現ケンウッド)のハイハァイステレオでした。特におまけに付いていたレコードの蒸気機関車の力強い低域の音でした。車輪がレールをきしませながら蒸気を勢いよく吐き出して左から右に移動してくる音がとてもリアルで新鮮でした。その時が今思えばわたしのオーディオに興味を待った原点でした・・・。  つづく 1階糸井                        

|

2006年4月 7日 (金)

モンポウのアルバム

Mompou 昨日は2Fのレジの調子がおかしくなって10時まで帰れなかったし、今朝は朝礼で「声が小さい」と怒られる。こういうときは何を聴いてもしっくりこないものですが、今日は「MOMPOU COMPLETE PIANO WORKS」をBGMにして過ごしました。以前お客様に教えていただいたディスクで、作曲家自身の演奏によるもの。言葉にはならない何かを静かに、ひっそりと語りかけてくれます。

2F 上遠野 : ken@dynamicaudio.co.jp

|

OCTAVE登場!!

Img_copre_3 OCTAVE 

HP500SE・MRE130登場

まえから1度ペアで聴いて見たいと思っていたオクターブのプリとパワーが本日から4月12日までの期間でここアメリカンサウンドフロアーに来ました。

約1時間のエージングを経てソナスファベール・ガルネリメメントでバッハのカンタータを聴きくとソリストの後方に各楽器が広がりを持って並ぶイメージが現れるのに少し驚き、JBL4338でキースジャレットのステラバイス・ターライトをかけるとタイミングのいいリズムが音楽を通して小気味よく聴こえてくるのき感心したのです。

Img_copwo_1期間は短いのですが中々プリとパワーが揃う時がないので是非この機会をお見逃しなく。それと今回MRE130には別売のBLACK BOX(強化電源)を付けての デモとなりますのでお楽しみに。

サウンドハウス 5F 担当 厚木 03ー3253-2001

|

4F週末情報

今週末の見所です。

Sh4fhp06040701_1 イクリプスTD510を展示致しました(写真左)。初代の512に比べるとユニットの口径が小さくなってますが、音のバランスは非常によくなっております。ぜひ一度聴きにいらしてください。
写真右は当フロアで人気のWilson bnesch "DISCOVERY" です。今だと特価にてご案内できますので、ご検討中の方はお早めにどうぞ。


Sh4fhp06040702 今週の一押しは、Wilson Audio "System-7" です。LINDEMANN.のプリ&パワーと組み合わせてますが、、、ぜひ聴きにいらしてください。



Sh4fhp06040704 そしてこちらが前回も紹介しましたLINDEMANN.のプリ "830" です。週末までの展示になりますのでぜひ一度聴いてみてください。オススメです!



Sh4fhp06040705 こちらはMark Levinson "No326S" です。
一台に限り新品(未開封)を特価でご案内できます。持ち帰りもできます。
お早めにどうぞ。


Sh4fhp06040703 JEFF ROWLAND Model112です。
新品特価でご案内してますが、残り数が少なくなってきました。こちらも検討されている方はお早めにどうぞ。



写真を撮り忘れましたが、Harbeth "Super HL 5" も展示中です。試聴希望の方はご連絡ください。

それでは週末のご来店をお待ちしております。

4F 小山

|

本日限定ですが…

Img_0624 本日18:00から、marantz "OPSODIS THEATRE"の試聴会が開かれます。と、いうことでマランツ営業氏、山崎氏2名の手により昨晩遅くセッティングが完了!本日限定で展示中です。

試聴会の詳細はこちら http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/1f/event.html

お問い合わせは担当糸井 itoi@dynamicaudio.co.jp まで。

|

中古品の情報です

P1000839PSE法の問題も一応の落ち着きをみせて、当売り場でも多くの中古品が入荷しました。その中のイチオシ、JOBの「The JOB Pre」です(もちろん、PSE取得済み)。普段、1Fの価格帯に見合うプリアンプはあまり多くないのですが、中古なら…というわけで、LINN「C2100」と組み合わせて演奏中です!

(※The JOB Preはお買い上げとなりました。ありがとうございました。2006年4月9日)

サウンドハウス1Fのお買い得品情報…http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/1f/1f-tok.html

お問い合わせはこちら itoi@dynamicaudio.co.jp まで、お気軽にどうぞ!

|

2006年4月 6日 (木)

Thor Mk2展示しました。

ThorBLADELIUSの「Thor Mk2」(定価\590,000)を展示しました。「S101」の後継にあたるインテグレーテッドアンプ。電源部の充実が音に現れており、大型スピーカーも伸び伸びと鳴らします。同社のプレーヤーも操作可能なリモコン付です。

2F 上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

|

2006年4月 5日 (水)

時間

時間を忘れる・・・

生活、仕事、約束、予定。24時間しかない一日を無理矢理何とかしようとする毎日。一体どれ位あれば満足出来るのだろうか。

「時間なんて、ただ過ぎ去るものでしかない」何かにそう書いてあったけど。現実はそれとのやり取りで精一杯になってしまうのですが。ただ、それでもほんの少し忘れることが出来る瞬間があるんです。それがつい先日、とある一軒家の2階の部屋。

そこには整然と、かつ緻密に並べられた正体不明の数々とAUDIOとコーヒー。

ぼんやりと映る偉人達に出迎えられ、コーヒーに奇妙な香りが溶け出す微妙な空間にあるのは、音楽だけ。初めての場所なのにこんなにも落ち着いてしまうのは何故でしょうか。いくつかの演奏と歌声を堪能して。帰り際、何となく見た腕時計で考えると1時間半程経っていたのかもしれませんが、どうやらその部屋に時間は流れてこなかったようで。家主の血の滲む様な苦労は今はさておき、「不思議と勝手に五感を刺激する気持ちの良い」部屋。

玄関を出て振り返って見ると、やっぱり家。変わった様子も一切無し。

今日は昨夜からの余韻を味わいながら過ごしています。皆さんもそんな感覚で過ごした事ありませんか?

サウンドハウス柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

今週の4F。

サウンドハウス4Fのニュースです

4月からはこちらのブログに最新のニュースを載せてきますので、よろしくお願いします。

Sh4fhp06040501 写真はALR JORDAN "NOTE5i" ですが、色はめずらしいビーチ(ブナ)です。
現品のみになりますので、お早めにどうぞ。



Sh4fhp06040504 今週末までの展示になりますが、ブルガリアのスピーカー "E.B.T.B." を展示中です。見た目は派手ですが音は立派なモニタースピーカーです。
中央は最近人気が出てきましたDENSENのCDプレーヤーとプリメインです。プリメインは本邦初公開です。


Sh4fhp06040503 "avantgarde" の "UNO" と "SOLO" をダブル展示です。場所も変え、音が一段とよくなりました。試聴希望の方はご予約をお願い致します。



Sh4fhp06040502 "LINDEMANN." の新しいプリアンプ "830" を展示中です。
パワーアンプ "850" と合わせてSystem-7を鳴らしてます。
ふわっとやわらかいボーカルが魅力です。


今週末はぜひサウンドハウスへ。
お待ちしております。

4F 小山

|

LINN試聴会のお知らせ

Img_aku ARTIKULAT350 LINN SOUND PARTY の開催

場所 サウンドハウス5Fアメリカンサウンドフロアー
日時 4月14日 金曜日 

    午後6:00スタート
定員 10名前後

使用機器  

LINN SPEAKER ARTIKULAT350
A PLAYER     LP12SYSYTEM
                     CD PLAYER    UNIDISK1.1  
                             PREAMP           KONTROL
                             POWERAMP     KLIMAX-TWIN-C

158号のステレオサウンドでスポット的に紹介されましたLINN ARTIKULAT350の試聴会を開催いたします。今回使用しますARTIKULAT350はフルアクティブのモデルではなくウーハーのみアクティブタイプのモデルでその他のユニットはKLIMAX-TWINでドライブします。
アメリカンサウンドフロアーでスコットランドの製品の試聴会とは変な感じを持たれる方もいるかもしれませんが、私としましては国やメーカーのサウンドイメージを超えた試聴会にしたいと思っております。
Img_kn_un

来週にはどんな音楽でデモを行うかを報告させて頂きますのでどうぞお楽しみにしてくださいね。音楽のジャンルや年代を超えた本当に幅広いソースでLINNの可能性を皆さんと探したいと思います。つきましてはフロアーが狭いので約10名程の予約制にさせて頂きますので、ご興味のある方はどうぞお早めに下記までお申し込み下さい。

アメリカンサウンドフロアー担当 厚木 03-3253-2001  atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

GERMAN PHYSIKSとaudio aero

Germanphysiks現在の店内の様子です。GERMAN PHYSIKSのスピーカーを中心に展示しております。「HRS120」「Carbon3」「Trobadour40 Carbon」・・・これだけ並ぶとさすがに壮観です。

プレーヤーはAUDIO AERO「PRESTIGE SACD PLAYER」を本日展示しました。SACDはもちろん、CD再生時でも非常に密度の高い、充実した再生音を聞かせてくれます。展示期間は4/10(月)まで。是非一度お聴きになってみてはいかがでしょうか。  Audio_aero

2F 上遠野 ken@dynamicaudio.co.jp

|

定休日の件

Suya3朝一番でお客様からお電話を頂きました。

「月曜の夜に送ったメールの返事が無いんですけど」「申し訳ありません。私は毎週火曜が定休日ですので・・・」

というわけで月曜閉店から火曜日に頂いたメールは、水曜日までお返事できません。どうか御了承下さい。

本当は、設定さえすればメールは家でも読めるのですが、週にわずか一日(涙)の休みくらいは仕事から離れていたいのです。それは本音に違いなく、絶対そうあるべきなのですが、なぜか狭い部屋に閉じこもってスピーカーをニラんでしまう・・・。

ビョーインへ行った方が良いのでしょうか。

2F 上遠野

|

2006年4月 4日 (火)

いろいろな「アリ」な楽しみ方!その1

P1000816  サウンドハウス1F(ときどき2F)の富田です。

 今日は、2Fフロアで「DALI HELICON 800」に「VIOLA SYMPHONY」と「CADENZA」をつないで演奏中!「美しい響き」と「麗しい美音」の饗宴がたまりません!スピーカーに対してアンプの価格が4倍以上ですが、こんな組み合わせが「アリ」になってしまうのもオーディオの醍醐味でしょうか?

 普段はカーステレオやパソコンで「JAZZ」、「ROCK」、「アニソン」(!)などを楽しんでいます。が、決して「悪い音」で聴いていると思ったことはありません。調整ボタンを駆使してみたり、むやみな圧縮録音を避けてみたり、はたまたポータブル機本体よりも高価なイヤホンをさしてみたり…。好きな音楽を聴くのですから、こんな楽しみ方も「アリ」ですよね。

 これからも1Fピュアオーディオ、BOSEコーナー、2Fフロアと駆け回って、いろいろな「アリ」を探していきますので、宜しくお付き合い下さい。

富田 肇 : tomi@dynamicaudio.co.jp

|

イタリアからのお客様

Img__1  本日、イタリアから一組のスピーカーがお客様としてこのアメリカンサウンドフロアーに来日しました。残念ながら4月9日までの来日という事で急な訪問でもあります。今回お越し頂いた服装はグラフファイトラッカー仕様でとてもシックな雰囲気を醸し出しています。それは、小さいサイズにも関わらず大型のJBL達を従える天才ヴァイオリン奏者のように見えます。

http://www.noahcorporation.com/sonusfaber/guarneri.html

今ここでは、マッキン MC2102 MC402 リン KLIMAX-T-C ビオラ FORTE などのパワーアンプなどで出迎えております。期間は短いのですが、もしもご興味のある方は聴き馴染んだ音楽をお持ちになりそのサウンドお確かめになっては如何でしょうか。週末は込み合う時もございますので、ご来店の時は前もってお電話を頂けますと大変助かります。

(5Fフロアーは毎週木曜日が定休日となっておりますのでご注意下さい。)

サウンドハウス 5F 担当 厚木 3253-2001 atsugi@dynamicaudio.co.jp

Img__5

|

JBLと共に THE END

Img_room_1 JBLとは18才からのおつきあいでなんともうすぐ30年がたってしまいます。私は子供の頃からせっかちでうまく物事が運ばないとすぐに飽きてしまう性格でした。でも音楽とオーディオは今でも私の傍に残り私の心を励まし奮い立たせてくれる存在なのです。
しかしです、その様な日は滅多になくうまく鳴らない日々が数ヶ月も続く事もあり、いい加減ウンザリした事が殆んど。キツク・鋭い音が耳を脳を刺激し、顔や首筋がヒリヒリする時もありましたが、私はそれでもJBLでチャレンジし続けました。でもなぜ辛くてもチャンレンジし続ける事が出来るのか、それは時々現れる最高のサウンドを知っているからであります。

ダイナでの27年間、私は沢山の同じ志を持つ人達と出会いその音楽と音を体験してきました。この体験と30年間の自宅での出来事の総てが私の現在の音楽・サウンドイメージを作り上げ、これからもさらに進歩させてくれる予感があります。
ダラダラと書きましたがこの30年間本当に沢山の出来事がありました。
決定的な打開策や妙薬はある筈もありませんが、この経験が皆様のお役にまたは何かを決める為のきっかけになればと思います。
これを読んで面白い、または変わった奴だなと思いましたらJBL好きの方に限らずどうぞハウス5Fまで遊びにお寄り下さい。

サウンドハウス 5F アメリカンサウンドフロアー 厚木 atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年4月 3日 (月)

試聴会のお知らせ

Opsodis_es150150 来る4月7日(金)にサウンドハウス7階に於いてマランツOPSODIS THEATRE  ES-150の試聴会を行います。「バーチャル」 を超えた立体音響再生技術<OPSODIS>のリアルなサラウンドを体験出来る貴重な機会ですので是非ご参加下さい。詳しくは1階フロアまでお問い合わせ下さい。

                                         http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/1f/event.html

お問い合わせは担当:糸井までmailto:itoi@dynamicaudio.co.jp

|

フロアーの名前

Suya 誰が名付けたのか知りませんが、サウンドハウスの2Fは「ワールドコンポーネントフロアー」という名前が付いています。長ったらしいし、あまり意味があるように思えないので、変更したいと思う今日この頃。でも名前を考えるのは難しいものですね。

猫の名前は「スヤスヤ」です。いつも寝てるのですぐ決まりました。

2F 上遠野

|

JBLと共に NO3

Img_ このOLYMPUSはダイナに入社してすぐに中古で購入したスピーカーです。そのままでも十分綺麗な物でしたが、若さの勢いですね、自分で納得が行くまでエンクロジャーやゴールドウイングを磨きこんだ事がついこの間のような気がすると共に、特にあの組格子グリル磨きは・・・・・・その方法はとても恥かしくて言えません。(赤面)

そしてこのOLYMPUSの前にもJBLを持っていました。それは 2220B 375 075 といったユニット達で、高校を卒業した頃JBLユニットがアルニコマグネットからフェライトマグネットになるというのでバイトで貯めたお金をつぎ込み、慌てて御茶ノ水の某オーディオ店に買いに行ったのでありました。(この頃はダイナでSPユニットなどは取り扱ていないと思っていました。)このユニット達の運命は・・・。075は自作スピーカーの高音用に使い、2220BはOLYMPUSの箱に入れましたが5年で挫折してE145に変えられ、375は一度も使われることなく人の手に渡ってしまったのでありました。

サウンドハウス 5F 厚木 atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

JBLと共に NO2

JBL DD○○○○○WXの前に使用していたJBLは D50S8R OLYMPUS。でも中身は K145 375 537-509 075 と変則的なものでありました。特にこの中では K145 と 537-509 が異色でありますが私は初めからこのユニットを組み込むつもりでOLYNPUSを選択したのです。
PR15 は外してメクラ板をカットアンドトライで取り付け低音の調整に明け暮れ、ホーンの位置や各ユニットの極性など落ち着いて音楽を聴けるようになるまで10年はかかりましたか。ちなみにネットワークはLX5・N7000、配線はベルデンのオリジナルです。この変則OLYMPUSで15年間オーディオの勉強をさせて頂き、真打のJBL DD○○○○○WXに変更する前の音を聴いてくれたImg_hl89 友人のY氏が「120%鳴るようになったね」とお墨付きを貰えるほど良く鳴っていてくれたものです。

サウンドハウス 5F 厚木 atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年4月 2日 (日)

サウンドハウス1F。

サウンドハウス1Fに在中しています、柴田です。

自分にとって常に一番身近な存在であり、時にはそれを超えてしまうものが「音楽」です。しかもこんなに人間の感情を自由にもて遊ぶのも「音楽」だ、と思っています。そしてAUDIOはその世界を手助けしてくれる重要な一つ。

P1000782 僕はAUDIOも好きですが音楽はもっと好きです。音が先でその後AUDIOに出会いました。今もその分量は一滴も変わっていませんが。ここではそんな音楽の話が書ければいいな、と思っています。勿論僕の勝手な物差しで。

常日頃考えるのは、自分にとって良いものは「良い」とはっきり言える事だと。例えそれが99:1で後者になってもはっきり言える事。好きなものが好きだと言える事が何より大切だと思います。「良い音」と「好きな音」は違いますよね。「良い音」に関して僕にはまだまだ勉強が足りません、「好きな音」は、はっきり決まっていますけど。

という事で、これからも宜しくお願いします。

サウンドハウス1F 柴田

|

最新中古情報

P1000787 本日、サンスイAU-α907XRが入荷いたしました。最近のアンプには無い中低域の厚みのある音が魅力です。特にJAZZの再生にお薦めです。勿論PSEも取得しており安心です。価格についてはお問い合せく下さい。

お問い合わせは担当:糸井までmailto:itoi@dynamicaudio.co.jp

|

JBLと共に

仕事でオーディオ、自宅でもオーディオと音楽にドップリこの趣味に日々浸かっております。
よくお客様からは店で聴いていたら自宅では聴かないでしょうなんて言われますが、休みの日には何とかして一人で音楽を聴く時間を作り出そうと涙ぐましい努力を、私しております。そんな私の心を掴んで離さないのが Para JBLのSPsystem  DD○○○○○WX 、私の元に来てから13年が経ちます。

厚木  atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

« 2006年3月26日 - 2006年4月1日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »