« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »

2006年4月29日 (土)

明日の予定。

連休初日は残念ながら天気があまりよくなかったですね。
明日はどうか晴れますように。

ということで明日の予定です。
明日は配達のため4Fはお昼過ぎからの営業となります。
どうぞよろしくお願い致します。

そして、久しぶりに4Fの様子です。Sh4fhp060429_1
The Ultimate monitor は VIOLA Symphony で鳴らしてます。darTZeel NHB-108、Lindemann.850 も準備OKです。Joseph Pearl はますます、ニュートラルに鳴り始めました。



ブログでは写真だけで音をお届けできないのが残念ですが、こんな感じで来店をお待ちしております。

4F担当 小山

|

2006年4月28日 (金)

久しぶりの更新です。

サウンドハウス4Fのゴールデンウィーク期間中(4/29~5/7)のスケジュールです。

その1.SONUS FABER "Amati anniversario & Guarneri memento" 登場!(5/1~14)
只今開催中の駅伝試聴会ですが、いよいよサウンドハウスで開催です。
ほかとはまた違った音が出ると思います。ぜひお越しくださいませ。

その2.Audio Machina "THE ULTIMATE MONITOR" 登場!(4/29~)
システム7で得た経験をもとに、リアルな音楽再生を目標に鳴らしてみたいと思います。
こちらもお聞き逃し無く!

ゴールデンウィーク期間中は込み合うことが予想されますので、じっくり試聴されたい方はぜひご予約をお願い致します。ご予約はメールか電話(03-3253-2001)でお願いします。

それでは、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

4F担当 小山

|

OCTAVE展示しました。

Hp500ドイツのOCTAVE社のプリアンプ「HP500SE」とパワーアンプ「MRE130」を展示しました。今は同じドイツのGERMAN PHYSIKS「HRS120」で鳴らしていますが、PIONEER「S-1EX」との組み合わせも面白いのではと思います。5/1までの短期間になりますので、是非この週末御試聴くださいませ。 2F 上遠野

|

GW・チョイマルチアンプ

2006gw_1 
普段JBLをネットーワークで聴いていて別に何も問題はないのですが。
でもゴールデンウィークという事であり此処はたまには変わった事でもやっていいかなと思う。

しかし使う機器が余りにも高価で現実離れしていると突起にくいかなと、今回はLUXさんから最後の1台でありますFL-202(15,9万)チャンネルデバイダーをかりてマッキンMC402を2台でJBLスタジオモニター4348をドライブ、そして4338はLINNの最新C-LINEアンプからC4200を使いバイアンプ駆動をしてみようと思います。

おのおのスピーカーと入口を除いた機器の価格の合計は マッキンで255.9万・LINNで206.6万であります。

JBLをお使いの方でマルチアンプ・バイアンプドライブに興味のある方はこの期間お時間がありましたらぜひそのサウンドを聴いてみてください。2006gw2_3

アメリカンサウンドフロアー  担当 厚木 atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年4月27日 (木)

平面スピーカーの世界

_007 _004_1 透明で張りのあるサウンドが身上の平面スピーカーです。特にホームシアターに最適です。GW 4月28日~5月7日まで3Fにて視聴できますので興味のある方は・・・・・担当 林 まで!

|

NINKAのコーナー作りました。

LinnninkaLINNの「NINKA」のコーナーを作りました。今日はDENONのアナログプレーヤー「DP-300F」をつないでユーミンをかけていました。このプレーヤーはフルオートですが、いじるところが多く、かなり追い込めそうです。アナログもCDもユーミンもビートルズも最高に楽しめるシステムにしていきたいと思います。 2F 上遠野

|

2006年4月26日 (水)

兄弟

P1010028_edited_1 ELVIN JONES。

彼は2004年5月18日にどこか遠くへ旅立った。世界中のドラマーに影響を与え続け、数多くの傑作を残して。

この人が叩くスネアが最高だ。つま先から頭のてっぺんまでスコーンと突き抜けるような強烈なスネア。手がいくつあるんだろう。力強く、時に静かに暖かく。JAZZという音楽を世界のスタンダードにした一人。

あまりの偉人、有名人、故に説明不要なのであえてこのジャケ。結論からいくと、これ以上なくにんまりと笑う顔、こんな人の演奏が悪いわけはない。勿論向き合うのは兄ハンク。「THE GREAT JAZZ TRIO」と掲げられた巨人達が送るスタンダードであり過去のアルバムの別テイクを集めたエルビンへの追悼盤。「枯葉」での二人の入り方は正に兄弟だから出来る絶妙なタイミング。ここにはいつもこの笑顔のELVIN JONESがいるのだ。ライナーノーツも最高。

誰にでも扉を用意してくれているようなこのトリオの演奏は逆に、スタンダードという恐ろしさも教えてくれる。何事も簡単には片付かないものだ。これからも沢山のエルビンを探し出会いたい。自分にとってはまだ始まったばかりだから。

「THE GREAT JAZZ TRIO」 collaboration

Hank Jones:piano, Richard Davis:bass, Elvin Jones:drums

サウンドハウス柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

2006年4月25日 (火)

サウンドハウスがテレビの話?のつづき・・・

平成23年7月24日をもって東京タワーからのテレビ電波発信が
停止します。
そしていよいよ第2東京タワー(仮称)からの電波発射です。

それは良いのですがその瞬間から従来のテレビが使用出来なくなる
のは辛いものがあります。
白黒からカラー放送に移行した時は色無し?さえ我慢すれば
今までのテレビでもOKだったわけ。

しかし今回はそういう訳にはいかないのです。
地上デジタルチューナー内臓タイプのテレビが必要になります。

プラズマテレビや液晶テレビに代表されるタイプです。
対応チューナーを外付して今までのテレビを使用する事も
可能ではあります。

現在も地上デジタル放送は受信可能です(地域によってはこれから)
NHK、民放番組のハイビジョン放送も番組の75%~80%を
カバーし始めてきています。
スポーツ中継やドラマなど一回観てしまうとクセになるのも確かではあります。

ヤーセキの独り言

|

2006年4月24日 (月)

MA6300展示しました。

Ma63000001McIntoshMA6300を展示しました。アウトプットトランスレスのプリメインアンプです。 “マッキン”のイメージからするとさっぱりした語り口ですが、独特のタメを感じます。さらに中低域のゆとりを求めるのでしたらウルトラロングセラーのMA6900もありますので、そちらを是非。もちろん聞き比べも承ります。 2F 上遠野

|

« 2006年4月16日 - 2006年4月22日 | トップページ | 2006年4月30日 - 2006年5月6日 »