« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »

2006年6月 3日 (土)

Basie is Back in LP Concert 後記No.2

サーよいよ本番です。私の簡単な挨拶の後、司会を山口氏にバトンタッチするといきなり「25年ぶりの新譜です」と、このアルバムを紹介。CDが世の中に出てから本当の意味で新鮮なジャズのアナログ盤との出会い、演奏・録音・選曲・曲順・ジャケット・ライナーと6拍子揃った最強の新譜だと私も思う。約15分程、山口氏の身振りも大きな熱い語りに皆さんが固唾を呑んでいるのが場の空気から伝わってくる。

そして、その中でも特に印象的だと思った話は、「アナログレコードは圧倒的」、「人はHAPPYになる為に音楽を聴く」。「時空を突き抜けるサウンド」「音楽が記録された時空と今の時空が攻めぎ合い、ついには過去の時空のサウンドが現在の時空を突き抜けて現れ無ければ意味がない」などで、オーディオ的な話は一切無くあくまで音楽を聴いて得られる感動がどのような状態なのかに徹していた。山口氏は総ての素晴らしい音楽が、そしてベイシー・オーケストラがどこまで凄いのかを熱く愛を持って皆さんに語ってくれたのです。

山口氏の話しで皆さんのテンションも上がりいよいよ「BASIE IS BACK」の幕が開きます。オープニングは定番「コーナーポケット」だ、LPにAKIVAを滑らせC46のVRを 70 にSETする。私は心の中で「頼むと」と拳を握り締めていました。この後の事は私がお話するより、NO.3で参加して頂いた皆さんの感想から想像して頂いた方が良いと思いますのでお楽しみにしてください。
しかし、B面の2曲目の「ワイリーバード」は自分で言うのも変だが、感動と興奮で体の芯から振るえが来たなー。このアルバムの一番の聴き所にピッタリとチューニングが合った様だった。ウッドベースの重心は床下まで伸び、ブッチのドラムソロは・・・圧倒的な迫力とスピード・・、管では特にトランペットセクションが圧倒的に乗っていて、ラストのプッチとの掛け合いは凄いを通りこして、ベイシーオーケストラ全団員の音楽に演奏に対しての誠実さと愛が圧倒的な音量を持って私達を優しく包んでくれているのだと心の中でシッカリとイメージ出来たのでした。

最後の挨拶も終わり、用意された20枚の「BASIE IS BACK」のLPも即完売。
LP1枚を丸ごと聴こうなどと無謀なイベントに参加して頂いた皆様には本当に感謝しております。また、山口氏には私の無理な申し出を快く受け「BASIE IS BACK」の案内役を勤めて頂きましてありがとうございました。そして、岩手県より念力を送って頂きましたS様、ここで確かに受け取りましたので、このお礼にはV15type3の交換針などを持参して伺おうと思っております。

全員の気持ちが一つになると思いよらない事が起きる事が今回の試聴会でよくわかりました。これもお集まり頂きました皆様の音楽に対する"愛情の力こそ"と思っております。
 
最後に、天国のベイシーも「お前たちよくやったな」と、そして「88、スイフティーありがとう」と労ってくれているのではないかと思い深まります。

アメリカンサウンドフロアー   担当 厚木     atsugi@dynamicaudio.co.jp  

|

2006年6月 2日 (金)

今週末の予定。

最初にイベントの告知です。

**************************************

「ECLIPSE TD で聴くSACDマルチチャンネル」

日程: 6月24日(土) 14:00~16:00

場所: サウンドハウス 7F

定員: 20名程度

司会: 小原由夫先生

TD712zを5本使ったSACDマルチチャンネルのイベントです。

予約制となります。参加希望の方は小山まで、お申し込みください。

**************************************

続いて、サウンドハウス4Fの週末の予定です。

最近、K2-S9800SEと800Dの試聴が多いので、土日はメインで鳴らします。

JBL K2-S9800SE ← VIOLA Symphony(ステレオ・パワーアンプ)
B&W 800D ← CHORD SPM1400(モノ・パワーアンプ)

VIOLAで鳴らすK2-S9800SEは、なんとも言えない魅力があります。
CHORDのアンプは鳴らしづらい 800D をいとも簡単に "普通" に鳴らします。

また、4Fの一押しのプリアンプ Mark Levinson No326S と LINDEMANN. 830 の比較もできます。

この週末はぜひ、サウンドハウスにお越しください。
お待ちしております。

                                   4F 小山

|

2006年6月 1日 (木)

802Dを鳴らす

802d6/3(土)に行うイベントの準備を行いました。grandezza、sonoriteで土台を作り、ANIMATOシリーズ、crescendo205の布陣でならした802D。B&Wのイメージって?これを聴くときっと変わることでしょう。1時からの回はまだ若干お席がありますので、御都合が宜しければ是非。2F 上遠野

|

2006年5月31日 (水)

Basie is Back in LP Concert 後記No.1

Cb1 遅くなりましたが「BASIE IS BACK」試聴会後記でございます。

当日の使用機器
LINN    LP12+EKOS+AKIVA
LINN    LINTO
Mclntosh  C46
Mclntosh  MC501
JBL      4338
SPcable   BELDEN 1810A
LINEcable  LINN BIC

試聴会前日、閉店後PM11:00まで残り最後の音合わせ。スピーカーの角度、アームの調整、C46による若干のイコライジング、それ以外はまったくノーマル状態。ただひたすら「BASIE IS BACK」を掛けた。この1週間10回以上は聴いただろうかな、チェックポイントはウッドベースの位置とブーミー感それとブッチ・マイルスのドラムが今の状態で何処まで躍動感が出るか、ひたすらこの点にサウンドの焦点を合わせた。しかし、このサウンド合わせ、自分で自分にお疲れ様と言いたい位に疲れたのでありました。
さて、後は山口氏がこの音でOKを出すかどうかだな。

当日、天気はあいにくの雨、24名のお客様がおいで頂く事になっているが交通の便が少し心配だ。この日は朝からLPでベイシー三昧。家から持参したベイシーのLP10枚ほどを気分のままに掛けたのですが、中でも1940年代のアーリーベイシーバンドと1972年のサンタモニカのLIVEのレコードがいい味を出してくれていたな。PM5時、山口氏到着。バックで鳴っているサウンドを聴いて「音に雑身が無い」と一言。その後エラフィッ・ジェラルドの歌が鳴ると「いい感じだな」言ってくれ、まずは一安心。後は皆さんが到着するのを待つだけとなりました。
PM6時30分頃からお客様がご来店、私は一人一人にお礼の言葉と挨拶をして席に誘導、あえて後ろに座る方、勇敢にも一番前に座る方など、皆さんのリスニングポジションは色々だ。そしてこの24名の中には一組のご夫婦、2人連れの女性と1人で来られた女性となんと4人の女性の方に来て頂けた事をご報告致します。チョット凄いと思いませんか。(つづく)

アメリカンサウンドフロアー  担当 厚木  03-3253-2001

|

2006年5月30日 (火)

聞こえてきたのは音楽。

Sh4fhp06053003

最近、お客様の試聴予約もあり、4Fで B&W 800D を鳴らしてます。




Sh4fhp06053002_1 鳴らしづらいという印象の800Dですが、コンバージェント・オーディオ・テクノロジー SL-1 & JL-2 で鳴らすと、ふわぁ~と音楽が聞こえてきます。

お時間のある方はどうぞ、聴きにいらしてくださいませ。

                                          4F 小山

|

2006年5月29日 (月)

ガルネリ展示しました。

GuarneriSONUS FABERの「Guarneri Memento」を展示しました。期間は2週間。その間様々なアンプで組み合わせてみたいと思います。クラシックに限らず、お好きなジャンルのソフトを持って御試聴くださいませ。  2F 上遠野

|

« 2006年5月21日 - 2006年5月27日 | トップページ | 2006年6月4日 - 2006年6月10日 »