« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »

2006年6月10日 (土)

お客様宅紹介vol.4

O昨夜はO様宅へイルンゴオーディオ製、HELICON400用の特注スタンドの納品に伺いました。それまでのタオックボードと交換し、O様、楠本さんと3人がかりでセッティングした結果は、大成功。軽いわりにボーボーいうベースが、厚みと弾力が出てきました。キツかったバイオリンもスムーズになりO様も驚かれていました。システムは、プレーヤーDENON DCD-SA1、アンプはLINN EXOTIKにC2200。これで音楽に集中できると思います。 O様、本当にありがとうございました。 2F 上遠野

|

Basie is Back in LP Concert 後記No.3

「BASIE IS BACK」のLPが凄い勢いで売れているようだ。秋葉原は既に完売、渋谷のHMVでも2枚しか店頭に無かったなど色々な情報が入ってきています。それも当然だろうなー、たった800枚しか作らずその内100枚はドイツ、100枚は韓国、後100枚はアメリカやその他の国に行ってしまうらしい。何の事はない日本にはたったの500枚しか残らないのだ。私は3枚持っているので500分3だな。こんなの記念切手や記念コインなどの比ではない希少価値だと思いませんか。しかも珍しいだけではなく内容も外装も天下一品ときているのだから、将来価値が出るかもしれませんよ。

遅くなりましたが試聴会に参加して頂いた皆様から当日の感想を頂きましたのでその一部分を下記に掲載させて頂きます。これをお読みになりカウント・ベイシーオーケストラがどの様な者かと興味が沸かれた方が居ましたら是非このアルバムをお買い頂き勇気を出して出来るだけ大きな音でお聴きになってみてくださいね。

H様
本日のコンサート、本当にありがとうございました。
厚木さんの演奏に、本当に感動させて頂きました。Basieが大喜びで帰って来て ”One More Time" と言っていましたし、その後ろでニヤニヤした Freddie Green が後輩達に向かって「もっと肩の力抜いた方がいいぞ」と言っているのが聞こえました。 これから暫は、厚木さんの音楽が頭の中で鳴っていることと思います。
ありがとうございました&お疲れさまでした。

K様
ビッグ・バンドの迫力を存分に味わうことができた。一週間、調整に明け暮れ、鳴らし込みを行なわれた厚木さんの執念が音になって現れていた。例によって大音量であるが、ハウリングも音の飽和もなく、全く破綻のない音である。雑味のないクリアーで綺麗な音しかも大音量、否が応でも体に音の粒子いや音楽のエッセンスが浸透した。実に気持ちがいい。 それにしても厚木さん 山口さん お二人とも熱い方だなあ、そのパトスが直球で伝わってきて大満足のひと時であった。ありがとうございました。こういう心の栄養をもらうと、その幸せを誰かに分けてあげたくなる。

I様
厚木さんと山口さんは昨日のプレイバックで,オーディオという手段で我々に少なくとも僕にはホーンミュージックの熱狂を再体験させたのです.山口さんの心のこもった解説と厚木さんのプレイバックでです.これはオーディオの更なる可能性の目撃者になったのだと考えております.

T様
昨日はお疲れ様でした。本当に素晴らしい試聴会ありがとうございました。
まさに厚木さんの入魂の試聴会ですね。最高でした。 もう、言葉がありませんね。厚木さんだけでなく、山口さんや菅原さんの熱い「気」、そして当日集 まった人たちの「気」すべてが一つに昇華してああいう素晴らしい音に なったのではないでしょうか。

このような感想を頂き誠に感激でございます。オーディオ屋冥利に尽きると言いますか、しかしです1枚のレコードでここまでの事が出来たのも 山口 孝氏 の音楽に対する愛情と熱意があったからだと思います。しかし、音楽にオーディオに対してこんなに真剣に語ってくれる人はそうは居ませんよ。そして、殆んどの方が山口氏と初めてお会いした事と思いますが、ステレオサウンドの「音の匙」を書いている方と言う事ぐらいは皆さんご存知ではなかったでしょうか。しかし、今ここで「音の匙」について触れることはしません。でも会が終わってみれば山口氏の音に対する深い思いに、皆さんが共感して頂けたのではないかと思っております。

その山口さんから会の終わりに聞いた話に私、少しだけ自信を頂きました。それは、2人連れの女性がこの会に参加しておりましたね。この2人は山口さんと面識があり、帰りがけに山口さんに一言声を掛けてくれていたのです。
「今日の音を聴いて当日の事を思い出し目頭が熱くなりました」
そうなのです、この2人は当日の仙台のコンサート会場に居た方達なのです。!!!

5月27日は山口様、88の相川様、それと菅原様にも念力の件感謝しております。そして、雨の中参加して頂いた皆様、本当に本当にありがとうございました。

(私の酷な使用にも耐えてくれたJBL,Mclntosh,LINNにも感謝しておりますよ。)

アメリカンサウンドフロアー  担当 厚木  03-3253-2001

|

2006年6月 9日 (金)

JBL新製品試聴会のお知らせ

Lsseries_main JBL60周年記念モデルとしてLSシリーズが発表されました。サウンドハウスではこの話題の新製品の試聴会を行います。

日時 6月30日(金) 午後6時より

場所 サウンドハウス 7階

ご希望の方はご連絡下さい

1階 糸井   itoi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年6月 8日 (木)

ESPEK完了のお知らせ

Espek_2繊細さとスケール感を併せ持ったスピーカー、LINNのESPEKが、この度生産完了する事となりました。リプレイスモデルのアナウンスは、今のところありませんので、現状ではNINKAの上位機種はAKURATE242となります。最終受注受付日は6月30日。ご検討中の方はお早めにお願い致します。 2F 上遠野

|

2006年6月 5日 (月)

一発

P1010311 フルレンジ一発。Ballad  Ba404。

http://www.ballad.co.jp/

あなどるなかれ、250(H) 175(W) 210(D)の小型米松ボディーに収められた4インチのAltec CF404-8Aユニットは何かと驚かす。能率の高さもさることながら耐久性にも優れた「使える」スピーカー。レコードとの相性は言うまでもなく。

ちょっとだけ和装した海の向こうのユニットは考える事無く鳴ってくれる。いい意味でごまかせる。だからレコードとは仲が良い、と思う。

小さいけど、気持ちいい。

ちょっと最近隠れていたから、しばらく鳴らしこんで楽しもう。

サウンドハウス 柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

お知らせ等々。

まずイベントのお知らせです。
6/24 「ECLIPSE TD で聴くSACDマルチch」
(詳細は↓6/2のブログを御覧ください。)
まだまだご予約承っております。
どうぞ、よろしくお願い致します。
SACDのすごさが体験できます!

「気持ちの良い音!」

最近のお気に入りののプリアンプと言えば、「LINDEMANN.830」だったりするわけですが、ここにきて、おっと思わせるプリアンプに出会いました。

Sh4fhp06060501

Mark Levinson No326S です。
以前からあるプリアンプなんですが、、、どうもしっかりと鳴らせて無かったようです。ごめんなさい。。。いやはや、さすがにすごいものを持ってます。

そして、ペアを組むパワーアンプは、、、

Sh4fhp06060502VIOLA Symphony です。実在感と余韻のきれいさ、そして、低域の押出しとキレ。ジャズにもクラシックにも合うアンプです。

そして、スピーカーは、


Sh4fhp06060503_2 JosephAudio RM55LE です(800Dの隣)。実は Pearl と入れ替えました。まだまだエージングが必要ですが、徐々に鳴り始めました♪

このシステムで聴こえてくる音は、癒し系の音ではないですが、聴き手を音楽に惹き込んでくれる音です。なので、仕事になりません(笑)。
ハイスピードだけど重い低音。聴いてて気持ちがいいです。

ロックや、ジャズを聴かれる方はぜひ。もちろん、クラシックも楽しめます。ぜひ一度、お試しあれ。

お待ちしております!

                                          4F 小山

|

2006年6月 4日 (日)

☆中古情報

TANNOY ST200

スーパーツィーター

定価¥252,000ペア

お買い上げ!

程度 B

販売価格は担当→ 林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jpまでお尋ねください

_1_3 Photo_19

|

☆中古情報

Canterbury15(ウレタンエッジ)、1988年発売 

定価¥1,764,000ペア、(エッジ張替え済)

程度 B

お買い上げ!

中古予約を受付けしております

販売価格は担当→ 林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jpまでお尋ねください

Photo_18 Canterbury15

|

« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »