« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »

2006年7月 1日 (土)

「サウンドハウス・ミュージック・カフェ」

Casals  不定期ではありますが、此処アメリカンサウンドフロアーでサウンドハウスクラブ会員の為の「サウンドハウス・ミュージック・カフェ」を行います。この会は音楽を徹底的楽しむ為のもので一切の営業活動無しで2時間~3時間、音楽の為のオーディオ世界を皆さんと話し合い、色々な情報交換の場になればと思っております。音楽は出来るだけ色々な種類のジャンルから、また年代を問わずに選んでまいります。もちろん会員の方が皆さんにお聴かせしたいソフトの持ち込みもOKです。
この会は決して堅苦しいものではなりませんし、敷居も高くありません。音楽が好きでその為にオーディオで努力をしている方々の為の語らいの場であります。

だた、この会はダイナミックオーディオ会員のお客様に対する日頃の感謝の気持ちをで行いますので会員の方のみの参加とさせて頂きます。もちろん当日入会でもOKですのでご興味のある方は1度のぞいて見ては如何でしょうか。少しは何かの役に立つような話や音や音楽が有るかもしませんよ。

内容      「第1回 サウンドハウス・ミュージック・カフェ」
         今回は 「クラシック音楽・SP時代の巨匠達」

いま、過去に記録された演奏家のCD再発が活発に行われています。今回はさらに過去のSP時代の巨匠の音楽を現代オーディオシステムで再生いたします。カザルス、フルトベングラー、リパッティ・・・などなど、その他の演奏家もLP・CDでご用意してお待ちしておりますので、来て頂いた皆様と共に彼らの音楽を通してオーディオの過去・未来のお話が出来ればと思います。          

日時      7月7日金曜日6時開始、9時までの予定
場所      サウンドハウス 5F アメリカンサウンドフロアー
参加者     フリー入場で(サウンドハウスクラブ会員の方に限ります。)
使用機器   当日発表
曲目      当日発表

総ては決まっておりませんが、これから1週間ジックリと機器を決定して調整していこうと思います。まー地味な内容ではありますが、再生する音楽の演奏表現は地味ではありません。現代のオーディオでこれらの旧録音の演奏を聴く意味を皆さんと、出来れば若いオーディオファイルの方と語り合いたいものです。どうぞお気軽に参加、お問い合わせをお待ちいたしております。Neveu_1

  担当 厚木         03-3253-2001      atsugi@dynamicaudio.co.jp  

|

原点。

Sh4fhp060630遅くなりましたが、2F&4Fがリニューアルされました。
それにともない担当も入れ代わっております。2Fは小山が担当することになりました。どうぞよろしくお願い致します。

商品ラインナップは、国内外のプリメインアンプを中心に、スピーカーはB&W、Pioneer、DALIなど人気の機種を揃えました。スペースを広くつかい、くつろいで試聴できる環境になっております。お近くにお越しの際はぜひ一度お立ち寄り下さいませ。

Sh4fhp06070102 私がオーディオに興味を持って最初に買った製品はデノンのCDプレーヤーとプリメインアンプですが、今回そのデノンよりコンパクトな製品が発売になりました。

CDプレーヤー「DCD-F102」
レシーバー「DRA-F102」

写真を見てわかるようにどちらも奥行き250mmという非常に小さな筐体です。
「Life is Music」...正しい英語かどうかは置いといて、生活空間の中に音楽が必要な人はきっといることでしょう。ただし、場所も予算もあまりないという状況(私も同じです)でオススメなのが今回の製品です。
この奥行きのない設計によって、出窓や棚にすっきりと置くことができます。あとはコンパクトなスピーカーをつなげば、小さいけれど、立派なオーディオシステムが完成します。
ちなみに製品の内容をみても、この小さなアンプはトロイダルトランスがのっかってますので、値段のわりに贅沢な作りをしてます。
ちょっといい音で音楽を聴きたいと思っている方、iPodをつないでスピーカーで音楽を楽しみたい方にオススメです。
(**八月にはHDDを内蔵したCDプレーヤーも発売になります。この話はまた今度。**)

ということで、フロアも変わりましたので、幅広いオーディオの話をしていけたらと思ってます。これからもよろしくお願いします。

2F 小山

|

2006年6月30日 (金)

4Fリニューアル

P10103960001本日よりサウンドハウスの2Fと4Fが新しくなりました。4FはB&W、SONUS FABER、GERMAN PHYSIKSといったスピーカーを展開します。詳しい情報は当ブログにてお知らせいたします。皆様の御来店お待ちしております。4F 上遠野

|

中古情報

アバンギャルド

UNO(ブルー)定価¥2,310,000→売価¥1,155,000ペア

Uno1_4 お買い上げ!

担当 林まで

|

2006年6月28日 (水)

6/29(木)は1Fのみの営業です。

6/29(木)は店内改装のため、1Fのみの営業となります。お客様にはご迷惑をおかけしますが、御了承くださいませ。 上遠野

|

2006年6月27日 (火)

超お買い得中古情報

Bravo  滅多に出てこないお買い得中古品です。この機会にご検討ください。

  VIOLA BRAVO、CADENZAの極上中古品です。ご使用は約1年です。

    Cadenza        価格は直接お問い合わせください。

        担当の糸井まで itoi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年6月26日 (月)

JBL C60S7R

Sov SOVEREIGN(ソブリン)日本ではC50 OLYMPUS の影にかくれてあまり目立たない存在だった。実際に私もOLYMPUSの組子のグリルに憧れを抱きいつか手に入れたいと10代の頃から考えていたものです。でも当時は何処のオーディオ店に行っても100%OLYMPUSしか展示をしていなかった様に思います。もし其の時並んでこのSOVERIGNが置いてあれば・・・、きっと違う選択もあったのではないかと今では思っています。

何故その様な事をいまさらと・・、私の目の前にそのSOVERIGNが居るからであります。カントリーオーク仕上げに美しい彫刻を施されたエンクロジャーは優雅にして重厚な雰囲気に溢れ見る者を其の場に釘付けにさせます。そして、グリルは木枠で三分割され落ち着いた柄の布が縦のスリットを付けて、このエンクロジャーの雰囲気にさらに陰影を付けるのです。この箱、サランネットのエンブレム、箱の裏側にあるJBLのパワーアンプを収納する為のスリットなどから検証して、私の見立てが間違いなければ多分このエンクロジャーは1965年~68年頃に製造された物ではないかと思います。

さて、40年前のこのJBLは誠に美しいのであります。綺麗すぎると言っても過言ではないと思えるほどです。肝心のユニット構成は S7R SYSTEM でLE15Aのウーハー・PR15のドロンコーン・LE85+HL91のスコーカーLX5のネットワークでJBLの中でシンプルでバランスのいい組み合わせの物であります。

このSOVEREIGOはもちろん中古品で現在ここで展示中でございます。このスピーカーがどのような物であるかご興味のある方はどうぞアメリカンサウンドフロアーまでお問い合わせか、ご来店をお待ち致しております。 Sov_1

アメリカンサウンドフロアー 担当 厚木  03-3253-2001

atsugi@dynemicaudio.co.jp

|

2006年6月25日 (日)

イベント終了。

「ECLIPSE TD で聴く SACDマルチch」のイベントが無事終了しました。
多くの方のご参加、ご協力を頂きありがとうございました。

emmLabs による SACD の再生。HALCRO MC70 & ECLIPSE TD712z ×5本による、同一アンプで同一スピーカーでの演奏。まさにSACDマルチchの理想のセッティングができました。

このようなイベントを引き続き行っていきたいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


4F 小山

|

« 2006年6月18日 - 2006年6月24日 | トップページ | 2006年7月2日 - 2006年7月8日 »