« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »

2006年9月 2日 (土)

お久し振りです。

Casals_1  サウンドハウス ミージック・カフェもいつのまにか3回が終わり、少ない人数ながらもご来店頂きましたダイナミックオーディオの会員の皆様には普段体験出来ないような音楽や再生機器によりますサウンドから何かのヒントや答えを見つけられた方も居るのではないでしょうか。
今回は2回に分けましてこの会の模様を簡単ではありますが皆様にお伝えできたらと思います。

第1回「クラシック音楽・SP時代の巨匠達」

パブロ・カザルスやジョルジユ・エネスコなどの1900年前半に活躍した演奏家の音楽を聴く事の意味は何だろうか、オーディオ的にはレンジは無いしノイズの大きく入っているなどのデメリットばかりなソフトであるのですが、その様なデメリット以上に隠された何かが彼らの音楽の中には潜んでいて、その隠されたものが今の音楽には無い、人を引き付ける力が強力にあり、その隠された素晴らしさをオーディオで引き出しそのサウンドを持って後世に伝える事に意味があると思っております。

硬い前置きとなりましたが、当日は3名のお客様と少ない人数ではありましたが私の行なう事に理解を示して頂ける方々だったので緊張も少なく会を始めることが出来ました。実際の演奏家と曲の関しては皆さん名前は知っていても実際には殆んどお聴きになった事が無い演奏家という事で当りが付けにくかったとは思いますが、カザルスやティボーのギリギリの激しさと知性がぶつかり合う演奏表現、クライスラーやリパッティの人間的なスケールの大きさなどがJBLのサブリンS7Rから不完全ながらもあふれる瞬間を聴く事が出来たと思っております。1948年、18才のイダ・ヘンデルがDECCAに録音したサンサーンス「ロンドカプリッィオーソ」のスケール感あふれる演奏表現と悪魔的な激情はとても18才の小女とは思えない完成度。また、最後にかけましたエネスコのヘンデルの「ヴァイオリンソナタNo4」は静寂感が支配する音の世界にある精神性がエネスコという演奏家の今の演奏家には希薄な孤高の演奏境地を感じ聴く度に目頭が熱くなります。

今回はこれらの曲目をJBLのサブリンS7Rで再生しました。このスピーカーは1965年製でもう40年という年月を生きてきた機器です。この機器で再生された音は空気という幕を切り裂くように生まれてくるサウンドで、厳しくも強い音で疲れを伴う音かもしれませんが危険な物に手を触れたくなる心境の音と言えば判って頂けるのではないかと。とにかく魅力的なサウンドでありました。しかしこれを使うと決めた時には、40年前の2WAYスピーカーはどうなのかなと半信半疑でありましたが、繋いで出てきた音は私の予想を大きく超えた現代のスピーカーに対するカウンターのような音でショックを受けたのでありました。そしてこのショックは今回かけた過去の演奏家の音楽や作曲者に対する私の思いと同じものだと確認させられたのです。

音楽とオーディオは録音や作られた時代を超えてこれからもお互いに関わっていくのですが、オーディオ機器はいつか壊れ交代の時がきます。しかし、記録された音楽は永遠に残り時代を越えた人々に聴き継がれます。今、生まれた人が40年後もしも音楽・オーディオを趣味としエネスコやカザルスをどのように感じ音を紡ぎ出しているのか聴いてみたい気もしますが、その時はもう私はこの世の人ではありません。

音はサウンドは、人々の心の記憶の中にしか存在しないのです。

   アメリカンサウンドフロアー 5F  担当 厚木 03-3253-2001

|

GERMAN PHYSIKSの2モデル

2shot_2 写真は、GERMAN PHYSIKSの「UNICORN mk2」「HRS120」の2モデルです。並べると「UNICORN mk2」の存在感が際立ちますが、価格はどちらも同じ\2,500,000(税別)です。昨日からほぼ一日中「UNICORN mk2」を鳴らしておりますが、いまだにこの低音、自然な音が信じられない思いです。必要十分の帯域を一つのユニットで、無指向性で再生できるのは「UNICORN mk2」しか無いでしょう。是非そのクオリティーを体験してください。

4F 上遠野

|

☆先行中古情報☆

Mcintosh MA2275 定価\900,000(税別)

Ma2275 Ma2275tube

お買い上げ!

林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年9月 1日 (金)

☆中古情報☆

LINN CLASSIK MOVIE (白)

定価\450,000(税別)⇒お買い上げ!

Classik_movei_f_edited_500 Classik_movei_edited_500

程度:B、6ヶ月保証

林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年8月31日 (木)

GERMAN PHYSIKS「UNICORN mk2」展示しました。

Unimk20001 先日発表されたばかりのGERMAN PHYSIKSの「UNICORN mk2」を展示しました!早速、OCTAVE「HP-500SE」「MRE130」のペアで鳴らしましたが、素晴らしい音質です。前作ユニコーンの弱点だった低域の量感の乏しさが克服され、中高域とほぼ同等になりました。バックロードホーンによる低域は、ダイナミック型のウーファーには無い軽さがあり、しかも中高域とのバランスも良く、1発とは信じられないほど伸びています。フルレンジ、360度無指向性、ベンディングウェイブによる圧倒的な反応の速さ。最先端のユニットの一つであるDDDユニットを極限まで生かしきった、理想的なスピーカーが完成したとお伝えしたいと思います。展示期間は今週末までです。是非御試聴下さい。

4F 上遠野

|

2006年8月30日 (水)

☆中古情報☆

Edinburgh_hw_edited_300 Edinburgh_hw_edited_2 Edinburgh_hw_850_2

TANNOY EDINBURGH HW

定価\772,000(税別) お買い上げ!

程度:B   クラシックファンの定番

林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年8月29日 (火)

102

今日は暑いですね。
みなさま、体調を崩さないように気をつけて下さい。


今日は、めずらしく JEFF ROWLAND の話です。

Sh4fhp060829MODEL 102
コンパクトな筐体ながら、100W×2 (8Ω) の出力があります。
その実力はいかほどに???



 ICEpower を搭載したJEFF ROWLANDの音は何かひとつ物足りないように感じていましたが、実際に自分で鳴らしてみると、あぁ、その第一印象が間違っていたことに気づきました。
 JEFF ROWLANDのアンプは非常に素直な音のするアンプです(ただし、ちょっとした使いこなしが必要です)。B&W 802D との組み合わせでは、とても素直な音で気持ちよく鳴らしています。そういった音を好む人にオススメのアンプです。

まずは試聴してみませんか?


2F担当 小山

|

2006年8月28日 (月)

お客様宅ご紹介vol.2

Ysama 昨夜はmark levinsonの「No.326S」の納品にY様宅へお邪魔しました。以前EMMを導入された際にシステムをシンプルされたY様、暫く「DCC2」をプリとして使用されていましたが、レビンソンを間に入れることにより、更にライブ感のあるサウンドでJBL「S9800SE」が鳴るようになりました。フォノモジュールも搭載していただいたので、またアナログも満喫していただけると思います。

さて、Y様宅はオーディオも凄いのですが、ソフトの量が半端じゃないんです。特にBOXモノは何でもあるという感じで、いつも聞かせていただくのを楽しみにしております。先々週、久しぶりに伺った際には、マイルス、ストーンズのBOXと共にカエターノの「TODO CAETANO」Cae0001 を発見!昨日は「LIVRO」を持ち込んで聞き比べさせていただきました。ケースはペラペラなんですが、厚く、こねくり回していない感じのする落ち着いた音がGOOD。カエターノは中途半端に揃えてしまっているので、どうしようかと昨日から悩んでます。Y様、本当にありがとうございました。

4F 上遠野

|

高級米松ラック 横型

Belrack_w1_edited Belrack_w2_edited Belrack_w3_edited

Belrack_w4_edited Belrack_w5_edited Belrack_w6_edited

BELLAIRから高級米松ラックの提案です。

このラックを使用するとハードのグレードが

ワンランクUPしたかのような、響きがでます。

横型なのでたっぷり収納できます。

BEL-RACK-W 売価\245,000(税込み)

林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年8月27日 (日)

お知らせ

サウンドハウス1Fからのお知らせです。

既に始まっていますが、9月20日までは決算期間として、LUXMANの各製品を特別価格にてご紹介させて頂きます。

02_1 1925年にパーツメーカーとして始まったLUXMANは80年経った今も「自然な音」をポリシーに変わらない音楽表現を追い続けています。純粋なオーディオの価値を日々模索し、その歴史からのこだわりは製品の細部に至るまで妥協する事は一切ありません。この機会にそのこだわりを手に入れてみてはいかがでしょうか。お好きなソフトをお持ち頂いて是非その表現力を感じとって下さい。尚、期間、各製品の台数にも制限がありますのでお問い合わせはお早めに1Fの担当者まで直接お問い合わせ下さい。

サウンドハウス1F 03-3253-2001

|

Audio Accessory 122号256ページ

Audio_accessory_122_451_edited_1 世界でたったひとつの芸術作品、写実的な絵画のような音を奏でる。音楽表現で休符が正確に再現されるか、休符の理解が音楽表現の重要なポイントとなる。そしてスラー、レガート、連符などがメリハリよく聴こえるか。それらがすべて一体となり、豊かな音楽性を醸し出しているかが重要です。

http://www.bellair-sound.com/

林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

« 2006年8月20日 - 2006年8月26日 | トップページ | 2006年9月3日 - 2006年9月9日 »