« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »

2006年9月30日 (土)

BOZと。

Boz SILK DEGREES/BOZ SCAGGS(1976)

リズミカルで軽快、ちょっとファンキーなおじさん。この頃はおじさんじゃないか。僕は先のアルバムの中の「JOJO」から入ったからそんなイメージが強いかも。バックバンドが後のTOTOになったのも有名な話。スタンダードもしっかり演ってくれる、安心出来る人。A面5曲目は5分55秒。特に意味はありませんが。B面の頭から聴きたいですね。

Edition_1 NEW EDITION(1984)

なぜか上を聴くとこれが聴きたくなるんですが、繋がりは皆無です。アイドルグループ。しかしボビーブラウンなんかもいて歌はなかなかいけますよ。「MR TELEPHON MAN」を聴いて下さい、メロディーが頭から離れません。中ジャケで履いてるポニーのバスケットシューズ、当時はすごく欲しかったなー。

サウンドハウス 柴田 shibata@dynamicaudio.co.jp

|

☆中古情報☆ glenair

Glenair_1 Glenair

TANNOY  Glenair

定価:\945,000ペア

売価:お買い上げ!

状態:A

林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

☆中古情報☆

Prodgy200 MARTIN LOGAN 

PRODIGY ウォールナット

コンデンサー型スピーカー

寸法:重量:H1700xW420xD710  60Kg

定価:\2,240,000ペア

お買い上げ!(税込み)

送料別途

状態:B

林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

2006年9月29日 (金)

BIG-O

Otis THE DOCK OF THE BAY/OTIS REDDING(1968)

短命な人はその長さを知っているかのよう。彼もまた短過ぎる人生に沢山の花を咲かせた人です。僕はこの人が歌うSTAND BY MEが大好きです、これには入っていませんが。歌心が溢れるソウルミュージック。高校1年生の時、このアルバムを手に入れた時は相当嬉しかったのを今でもはっきり覚えてます、走って帰ってわくわくで針を落としたのを。全曲100点です。

やっぱり思い出はその曲と一緒に大事に残されますね。

 サウンドハウス 柴田

|

ATC 「SCM100Tsl」展示しました。

Scm100tsl0001 ATCの「SCM100Tsl」を展示しました。高級感のあるピアノフィニッシュがまず目をひきます。ジャズ、クラシック、ポップス、様々なジャンルを試聴しましたが、刺々しさが皆無で、低域から高域までゆとりを感じさせる音質です。ハイパワーアンプでガンガン鳴らしてもビクともしませんし、真空管アンプで再生したボーカルも柔らかで艶のあるサウンドで楽しめます。非常に実力の高いスピーカーです。是非御試聴くださいませ。

4F 上遠野

|

2006年9月28日 (木)

お客様宅ご紹介vol.7

T0001 写真は昨日納品に伺ったT様宅。リンの「MAJIK CD」と「MAJIK KONTROL」の新しいマジックシリーズが中心のシステムです。アナログもお楽しみになるためフォノイコライザー搭載の「MAJIK KONTROL」はピッタリの選択なのでした。スピーカーの「AKURATE242」は、パワーアンプ「C6100」による2chアクティブでドライブ。フルアクティブではないものの、やはり余裕が違います。ベートーベンの7番のシンフォニーからモンクのピアノまで安心して楽しめました。シンプルながら非常に良くまとまったシステムです。

T様、本当にありがとうございました。

4F 上遠野

|

2006年9月26日 (火)

LABELLE

Patti

I'M IN LOVE AGAIN/PATTI LABELLE(1983)

A-3「LOVE,NEED AND WANT YOU」がとにかく良い。タイトル曲A-1もA-4もヒット作、けれどもA-3なんですね。言ってしまえば、特に何かがある訳でもない甘く切ないバラード。ラベルの透き通るような声がその何かを聴かせてくれているのかも。勝手にいくらでもストーリー作れますからね。要するに、一人ぼっちで聴いた方がその効用は抜群だと。

残りの演出はAUDIOがしっかりやってくれるでしょう。

 サウンドハウス 柴田

|

HALF FULL

Minnie

ADVENTURES IN PARADISE/MINNE REPERTON (1975)

周知のごとく31年で幕を閉じた人生は波乱万丈です。長い下積みを過ごしてスティービーに見出されやっと日が差しこれからという時に癌に侵される。それでも限りなくポジティブに人生を歩んだ彼女は病の公表をする前も後も何ら変わっていません。むしろ限られた時間をそれまで以上に楽しみ、過ごしていたはず。彼女は生前、生まれ変わっても同じ人生でいい、と言っています。そして世界中で歌われ続けている「LOVE'N YOU」。5オクターブ以上をゆうに使いこなし、そのメロディーは正に別世界。このアルバムは移籍後の2ndでLOVE'N YOUは入っていませんがどの曲も本当に素晴らしいです。中ジャケのミニーの姿が全アルバム中で一番なのも個人的に。グラスの中に半分しか水がない、ではなくグラスに半分も入っている、というのがミニーの生き方を表してますよね。輝いた時間はほんの一瞬でも、これだけ世界中から愛され続けている事が全ての答えになってると思うんです。

サウンドハウス 柴田

|

2006年9月25日 (月)

お客様宅ご紹介vol.6

Bw802d先日納品させて頂いた802Dの写真をH様より送っていただきました。下記はH様のご感想です。

今のところ、ジャズについてはさすがだと大変満足しています。クラシックについては、音の分離、解像度、音場などは良いと思うものの、音色、低域など、エージングを含めてこれから、と言う感じです。

素晴らしい環境ですので、セッティングを詰めれば時間が経つにつれ伸び伸びと鳴ってくれると信じております。あとイルンゴのボード余っていてもったいない・・・でもラックがADKだと難しいですね。H様、本当にありがとうございました。

4F 上遠野

|

ALWAYS AND FOREVER

Heatwave2

CENTRAL HEATING/HEAT WAVE

1978年。つぼを押さえた曲作りに絶妙なコーラスとファルセットの効いたボーカルで長年人気のHEAT WAVE。各自がかなりの楽器を出来る事でバリエーションが豊富な所も見どころだと思います。このアルバムはB面の一曲目「THE GROOVE LINE」が有名ですが、僕は同面2曲目の「MIND BLOWING DECISION」がトップ。各面最後の2曲は泣けちゃうほどメロディーとコーラスが素晴らしい。

Heatwave_1 それと、シングルカットされたTHE GROOVE LINEのB面「ALWAYS AND FOREVER」がまたしっくりくるんですね。シングルにはこういう楽しみがあるのが魅力なんです。寝る前に聴いておくといい夢が見れそうですよ。針を戻すのを忘れないように。

サウンドハウス 柴田

|

2006年9月24日 (日)

PLAY THAT MUSIC

Photo_31

PLAY THAT FUNKY MUSIC/WILD CHERRY

1972年録音。

唇にさくらんぼ。20歳そこその白人4人組が落とした爆弾。タイトル曲は夜な夜な体で覚えた方も沢山いるはずです。丸ごと踊れるアルバムで、傑作中の傑作、ボーカルもノリも若さが前面に出ててB面の最後まで気持ちいい曲ばかりの33分間。

最先端のAUDIOを使って聴くのも勿論いいですが、その当時の物を使うと何だかそのままそこまで連れて行ってくれるような雰囲気。眠ってませんか?奥の部屋あたりに。

 サウンドハウス 柴田

|

☆中古情報☆

50n

超お買い得品です。

真空管アンプ(出力管50n)

300B使用可

材料費(¥380,000) お買い上げ!

林泰夫:hayashi@dynamicaudio.co.jp

|

« 2006年9月17日 - 2006年9月23日 | トップページ | 2006年10月1日 - 2006年10月7日 »