« 残り2週間程です。 | トップページ | フラメンコ・ギターはいかが。 »

2007年1月 6日 (土)

BILL WITHERSを聴こう。

Bill
困った時は彼の歌を聴こう。どことなく悲しげで、でも温もりがたっぷりで、いつまでも聴いていられる。上手い下手ではなく「歌心」があるかどうかであり、彼にはそれが溢れている。右の「'JUSTMENTS」これは確か4枚目のアルバムだったと思う。既にAin't No SunshineやUse Me、Lean On Me等でその世界観は十分に知れ渡っていたしその先にJust The Two Of Usで更にやってしまう事になるのですが。別にブルーズじゃなくてもよかったんです、この人は。自分の表現が一番やり易い場所を自然に見つけ出し最高の形で残す。それがたまたまソウルミュージックと言われる場所だっただけで。

「あ、この曲はこの人が歌ってたんだ」と思えるベスト盤も多数出ていますので、まずはそこから、というのも良しだと思います。

サウンドハウス2F柴田柴田:shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 残り2週間程です。 | トップページ | フラメンコ・ギターはいかが。 »