« モービル・フィデリティー盤の凄さ!! | トップページ | 小宇宙 »

2007年3月 9日 (金)

初聴き!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆

    At33anv   At5000t

ひょんな事から? 機会が有って、
オーディオテクニカのMCカートリッジ「AT-33ANV 」と
MCトランス「AT-5000T」を試聴出来た。
近年発売 MCカートリッジやMCトランスの試聴ですら、
何年ぶりか?ってゆーぐらい久しぶりの体験だ。

アッシ的には「AT-33シリーズ」は、初代より聴いて来たケド。
1980年代後期になってからは、国産のカートリッジを
全くと言って聴く機会が無かった。

*その理由は?話せば長くなるので、
次回のホーム・ページ「名機/珍品講座」に、
このブログを完全版 に完成させて掲載予定デス。
是非、ご覧下さい!!

で。
このMCカートリッジ「AT-33ANV 」とMCトランス「AT-5000T」ニワ。
「もの凄い分解度」と「高い質感」を感じずには居られなかった!!

初見でゆーと。
カンチレバーが昔のAT-33とは全く違って、
もの凄く太くなっている。これはDENONのDL-103相当の太さだ。
だからこそ?音に厚みを出せたのだと単純に思ってしマウ。

アナログは「過去の物」ってゆー偏見は、一発でぶっ飛んでしマウ!!
アナログで最新鋭の音を出しているカラ。

最近ではSACDを多く聴く機会が有るアッシだケド、
SACDと「勝負だ!!」って言いたい。
そんなMCカートリッジ「AT-33ANV 」とMCトランス「AT-5000T」。
でシタ!!

■AT-33ANV  定価\52,500 税込
 MCカートリッジ/10Ω/再生周波数範囲15~50,000Hz/楕円スタイラスチップ
  高硬度ジュラルミンパイプカンチレバー/純度99.99996%のPCOCC6Nコイル
  針圧:1.8~2.2g(2.0g標準)/質量:6.9g

■AT-5000T  定価\346,000 税込
  MCトランス/アルミ鋳造のボディ/特殊手巻きのLコアトランス
  2~17ΩのMCカートリッジに対応/黒檀フロントパネル

■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001   サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

« モービル・フィデリティー盤の凄さ!! | トップページ | 小宇宙 »