« イタリアの音 | トップページ | 上杉研究所 新製品 »

2007年5月11日 (金)

お疲れさまでシタ!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 96% !!☆

             Dp1300

今年のGOLDEN WEEK 中、コイツは大活躍をしてくレタ!!
アッシも秘蔵のLPレコードを自宅から持ち出し来て、
思う存分プレイさせてもらった。

============================================================

*注:写真は「LED ZEPPELIN Ⅲ」1970年発売。
            ATLANTIC SD 7201 オリジナル盤。

                      Zeppelin3            

     銀座 Y楽器店で直輸入された。当時の価格で\3,800だった。
     1970年代初頭は1ドルが\300から\360内を推移してイタ。
   国内盤よりむしろ、輸入盤のほーが高かった時代。

   ギター/ベース/ドラムの他に、ハモンドB3/ミニ・ムーグ
   メロトロン等、バンドとしては初めてキーボード類を
   多様した話題作。ヒット曲「移民の歌」を含む。

     B面では。アコースティック・サウンドを中心と
   としたブリティッシュ・トラディショナル・フォークのスタイルで
   演奏していて、当時ファンとしては「肩透かし」喰らった!!

     が? 今、聴き直してみると、B面ほうが素晴らしいノダ。
   今にしてみると。アッシ等の音楽に対する勉強不足が、
   極まりなかったからだと反省してイル

==============================================================  

アナログ・レコードが持つ独特の空気感や音の厚みは、
またCDの綿密な情報量が詰まった音と違った魅力がアル。

コイツDP-1300Mk2 + DL-103SA(MCカートリッジ)
+AU-S1(昇圧トランス)の組み合わせで、
定価合計が何と? \362,500 税込!!

「いったい?コイツと同等の音をCDで出そうと思ったら、
 幾ら?のCDプレーヤーを持ってくればイイのだろー?」

なんて。ついつい野暮な勘ぐりをしてしマウ。

外国製の「うん10万?クラスのアナログ・プレーヤー」と
比較しても決して引けを取らない。

アナログ・プレーヤーの灯は消える事を知らない。
コイツDP-1300Mk2は優れ者だ!!
GOLDEN WEEK 中 は、大変お疲れさまでした!!

=================================================================

★「DL-103SAへの針交換キャンペーン」は、
  好評につき 5月31日 まで延長しマス!!

  対象商品 DL103 DL103R   2機種限定

  内容:上記2モデルの針交換の際にDL103SAを特別価格にて提供
     
     DL103  → DL103SA を 特別価格
     
     DL103R →  DL103SA を 特別価格

  期間:5月31日まで 限定台数

================================================================
                  
■DENON  DP-1300Mk2      定価\189,000 税込
 アナログ・プレーヤー
■DENON  DL-103SA        定価\73,500   税込
 MCカートリッジ
■DENON  AU-S1           定価\100,000  税込
 昇圧トランス

*詳細は下記でどーぞ。
http://www.denon.co.jp/products/recordplayer.html 
    
■お問い合わせはアッシまでどーぞ。
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL :03-3253-2001  サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

« イタリアの音 | トップページ | 上杉研究所 新製品 »