« HOVLAND STRATOS。 | トップページ | LP12&STRATOS »

2007年6月 4日 (月)

’70sのシングル盤

 ◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'seye  ◆◇◆

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 98% !!☆

    
ザ・フーのピート・タウンゼントとサンタナの
カルロス・サンタナが居なかったとしたら?
おそらくアッシは、
ギブソンのSGモデルを好きにはならなかっただろー。

この曲「サマータイム・ブルース」は、
元は?ってゆーとエディー・コクランのヒット曲。

1968年のアメリカのロック・トリオ「ブルー・チェアー」
がカバーし大ヒットして、1970年にザ・フーが再々カバーで、
これまた大ヒットシタ。

       Summertime_blues


ザ・フーの場合はLIVEアルバム「ライブ・アット・リーズ」
からのシングル・カットだった。

この直前。1969年 伝説のLIVE「ウッドストック」に
ザ・フーは「とり」として出演。この時ギターリストの
ピート・ピート・タウンゼントがギブソンのSGモデルを使用。
驚愕のパワーでLIVEパフォーマンスを展開!!
観衆は度肝を抜いた。

同LIVEでメジャー・デビューしたばかりのサンタナも出演。
ギターリストのカルロス・サンタナも同じく
ギブソンのSGモデルを使用。

        Sg_standardhc


当時 映画「ウッドストック」が日本でも放映され、
この二人のパフォーマンスをに魅せられて、
アッシはSGモデルの「とりこ」になってしまった。ってワケだ。

今はアッシの「お気に入りのギター」の一本となってイル。

■「サマータイム・ブルース/シェイキン・オール・オーバー」
  演奏:ザ・フー  日本グラモフォン DP-1737 1971年発売

*写真のギターは SGスタンダード・モデル。
シングル盤のジャケット写真では。
ピート・タウンゼントがLIVEで使ったSGモデルは、
シングル・コイルのマイク搭載のモデル。
           
■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐


|

« HOVLAND STRATOS。 | トップページ | LP12&STRATOS »