« 中古品情報 | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2007年9月13日 (木)

LIVEへ行きまシタ!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today's eye  ◆◇◆

 ☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97% !!☆

  音楽は生き物

Roy_hargrove

レコードやCDだけを聴いていると、
そのアーティストの真意は理解出来ない。
LIVEへ行く度に感じるコトだ。

レコード・コレクターのアッシがそー語るのも?
おこがましいコトかも知れないが...。

だけど。レコードやCDはアーティストの情報量を
コンパクトに収録し、半永久的に保存出来る
メリットが有るコトには間違えないが。

9月10日夜。東京青山 BLUE NOTE TOKYO に居た。
若きJAZZトランペッター ROY HARGROVE のLIVEを体験シタ。

ROY HARGROVE がトランペットを吹いている姿は、
特に?何ら普通のJAZZメンと変わらない。
が。しかし。彼がマウスピースを
ひとたび口元から離した瞬間に、その姿は豹変スル。

歩き出すとブレイク・ダンスを踊り、
MCになるとラップが入る。
メンバー紹介では。帝王マイルスの「GO GO のテーマ」
をパロッたりして、JAZZファンなら思わずニンマリしてしマウ。

そんな彼が持つ真のブラック・エンターテイメントに魅せらレル。
「やはり彼はブラック・ルーツを身に着けている人なノダ。」と。

音楽は生き物だから。
レコードやCDだけを聴いていてはいけナイ。
保存可能な唯一の形状かも知れないが...。

が。それだけではアーティストの真意は理解出来ないシ、
ましてや。生の楽器の音すら解らなくなってしマウ。
だから。LIVEへ行く。

■「NOTHING SERIOUS / ROY HARGROVE」
VERVE 621102 2006年発売  輸入盤
      
■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐


|

« 中古品情報 | トップページ | ちょっとイイ話!! »