« 「The Pure System」の2日目 | トップページ | METRONOME製品値上げのお知らせ。 »

2007年10月12日 (金)

'70sのアルバム

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today's eye  ◆◇◆

 ★DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97% !!★

   アローン

Pmc

「四人のカブト虫」の中では。
アッシ的には、ポールが一番好きではナイ。

このアルバム「McCARTNEY」は1970年に、
ポールの自宅スタジオにて録音さレタ。

オール・インストルメンツをポール自身が担当。
ビートルズで世界を制した後、クワイエット・ライフを
楽しみながら製作したアルバム。

「俺は世界を制した全能の神。」って言わんばかり。
自己陶酔型の性格を如実に表してイル。

が。このアルバムの弱点はドラム。
どーしても。ポール自身が叩くドラムが弱くなる。
補足として各種パーカッションを
オーバーダブしているが未だ足らナイ。

ベース/ピアノ/ギターならポールのプロフェッション。
自分へのおごりが見事に出てしまってイル。
リンゴ一人も呼べなかったノカ...。

反面。クワイエット・ライフを楽しんでいる
ポールの素顔が窺がエル。
ビートルズ解散後の余暇、リンダとの結婚生活と育児。
暖かくほのぼのとした時間を片田舎で過ごすポール。
彼の優しい横顔が...。

アルバム「McCARTNEY」ラフ&レディーではあるケド。
この時期のハッピーなポールの生活空間が、
いっぱい詰まったアルバムでもアル。

翌年の1971年「RUM」を生む。
アッシ的にはポールの最高傑作アルバムだと思ってイル。

しかし。ソロ・アルバムにかけてはジョージがイイ!!
そのジェントルな人柄による幅広い人間関係を、
作品につぎ込めるカラ。

■「McCARTNEY / PAUL McCARTNEY」
  APPLE 1970年発売 (東芝EMI)EPS-80231 国内盤
  
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

« 「The Pure System」の2日目 | トップページ | METRONOME製品値上げのお知らせ。 »