« デモ | トップページ | Daydream »

2007年11月 4日 (日)

’80年代のCD

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today's eye  ◆◇◆

 ★DR.IGARASHI 今日のBeer指数 95% !!★

         ミスマッチが小気味イイ!!

        Ambitious_lovers 

バックナンバー11月1日号で紹介しまシタ、
「Maria and Maria / SEIGEN ONO」だケド。

このセッションに参加していたアート・リンゼイ率いる
アンビシャス・ラバーズの1988年に発売されたアルバム。

アート・リンゼイはブラジル系。
'80年代のJAZZ/PUNK/NEW WAVE系バンド
ラウンジ・リザーズのギターリスト。
そのソリッドで無機質な感性には冷酷さも併せ持つ。
「どこが?ぶらじる? やねん」って感じ。

もーひとりのアンビシャス・ラバーズ(二人組だが)の
ピーター・シェラーは多種のキーボードと、
プログラミングを担当スル。
つまり。このバンドのリズムは「打ち込み」ってゆーヤツ。

さて。この二人が生み出すソリッドで無機質でいて、
「打ち込み」による強力な電子リズム。
このアルバムではダンス・ミュージックを狙ってイル。

ブラジリアンのアート・リンゼイは。
このアルバムのパートで、
クイーカ/スルド/パンデーロ/カィーシャ等の
ネイティブな生パーカッションを採用してイル。

この何とも?似ても似つかない?
ミスマッチ加減が気持ち悪いほどダサイ反面、小気味イイ!!

アンビシャス・ラバーズは、ワザと「うけ」を狙ったのカモ?
この「うけ」こそが「エグい素」なのかも知れナイ?

ジャケット写真左のアート・リンゼイは、
顔が「オタク」としか?言いよーがないケド...。
そこがまた。CDタイトルにあるグリードな部分なノカ?
         
■「GREED / AMBITIOUS LOVERS 」
  VIRGIN  90903-2(輸入盤)1988年 発売

///////////////////////////////////////////////////////
■ホーム・ページは下記でどーぞ。
・「中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

・「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html
 
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐
//////////////////////////////////////////////////////

|

« デモ | トップページ | Daydream »