« 模様替え | トップページ | デンマークからの贈り物 »

2007年11月12日 (月)

’80年代のLP

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today's eyes  ◆◇◆

 ★DR.IGARASHI 今日のBeer指数 98% !!★

            虎視眈々と影から見つめる蜥蜴たち

         Lounge_lizards1

バックナンバー11月4日号の続き。

「GREED / AMBITIOUS LOVERS 」1988年 発売を特集シタ。
そのフリー KEYギターリストであるアート・リンゼイは、
AMBITIOUS LOVERS の前 1980年代初頭より
THE LOUNGE LIZARDS に在籍してイタ。
 
ニューヨークのアヴァンギャルド/パンク/ニュー・ウエーブ
シーンに、一躍センセーショナルを巻き起こしたバンド。
バンド構成は。ギター/ピアノ/ベース/ドラム/サックス。

彼ら自身は自分達の音楽を、「ジャズでもなくパンクでもない。」
「フェイク・ジャズ」だと自ら称してイタ。

メンバー全員が細いネクタイとダーク・スーツに身を包み、
グリースで固めたリーゼント・スタイルのヘアーで決めてイタ。
如何にも1950年代をイメージした、
ニューヨークのバックストリートにたむろする悪ガキ風。

LOUNGE LIZARDS とは。
バーやホテルのラウンジ、或いはクラブで遊ぶ若い女性や
売春婦等を狙ってうろついている男達を意味スル。

なるほど。「ラウンジに住み着く蜥蜴」か。
1980年代のロック・シーンは、
そーゆー怪しげな蜥蜴達が発するロックが流行ってイタ。
他のオルタネイトが存在しない、
ハード・コアな時代だったのかも知れナイ。

で。この当時アッシは、ジャズとして聴いてイタ。
プロデューサーがテオ・マセロだしネ。
アルバム中の曲「ハーレム・ノックターン」はトボケテいるシ、
T.モンクの「エピストロフィー」なんかも無理なくこなす。
が。EGレーベルというところが1980年代を意味スル。

■「LOUNGE LIZARDS / THE LOUNGE LIZARDS」
  EG (POLYDOR)28MM0030  1981年 発売

///////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ◆◇◆

・「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

・「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html
 
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

//////////////////////////////////////////////////////

|

« 模様替え | トップページ | デンマークからの贈り物 »