« 「Signature Diamond」の脚 | トップページ | デモ »

2007年11月 2日 (金)

秋の夜長は小型スピーカーと…

こんにちは。

「やったー!ドラゴンズ53年ぶり日本一!」

ファン以外の方はゴメンナサイ。

でも物心付いて以来のファンとしては、興奮せずにはいられないのです。しかも完全試合のオマケつき。

8回までパーフェクトの山井投手を交代させた監督の采配は…。

「あ、交代なんだ…びっくりしたぁ」

ただそれだけです。

スポーツの秋もひと段落。今日は秋の夜長にぴったりな小型スピーカー、スイスの「PIEGA」を紹介します。

その1。「TS3(写真:右 標準価格\144,900)」。

Tp3_ts3

PIEGA共通のポリッシュドアルミニウムを身にまとった、超小型スピーカー。幅14cmながら重量はなんと3㎏!強力なウーファーの動作をしっかり受け止めています。

深みのある空間表現、温かみのある低域の再生に魅力があります。

パートナーとしてお薦めしたいのが「LINN CLASSIK-K(標準価格\294,000)」。

Classihk

サイズを感じさせないクオリティには驚くばかりです。

その2。「TS5(標準価格\302,400)」。

Ts5

「TS3」と同じく14cm幅のスリムなトールボーイスピーカー。

ウーファーユニットが2個となり、細身なボディとは思えない低域再生が楽しめるモデルです。

こちらには「Aura Note(標準価格\283,500)」をご提案。

Note

USB端子つき。24時間、好きな音楽を”がっつり”楽しみたい方にお薦めです。

その3。「TP3(標準価格\262,500)」。

Tp3_2

幅18.7㎝、7kg。「TS3」に比べて当然感じる中低域の余裕と、リボンツィーター採用によるやさしく伸びやかな高域再生が魅力のモデルです。

パートナーには「ARCAM solo(標準価格\241,500)」を選択。

Solo

ソリッドなサウンドが持ち味。小編成のクラシック、ジャズなどにお薦め。

PIEGAのぬくもりとあいまって、魅力的な音色を奏でます。

ただいま、台数限定で新品特価セールを実施しています。

今回は、ボリュームたっぷりでお届けしました。

お問い合わせは サウンドハウス (03)3253-2001 1F:林、富田、塘田(ともだ)まで。

1F担当:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp

|

« 「Signature Diamond」の脚 | トップページ | デモ »