« OCTAVEで鳴らすSIGNATURE DIAMOND | トップページ | 「LP12SE」と「SIGNATURE DIAMOND」 »

2007年12月14日 (金)

’90年代のCD

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today's eyes  ◆◇◆

 ☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97% !!☆

          ルグランJAZZの叙情 Vol.1

            Parisian_blue

今は無き日本のジャス・レーベルである「アルファ・ジャズ」。
その作品の中でミシェル・ルグラン・トリオの映画音楽二部作が、
リマスターされ10月に再発さレタ。で。早速 再?入手シタ。

アッシは映画音楽好きでもあるシ、ミシェル・ルグランの
ファンでもあるノデ、この二部作を1991年発売当時に
一度は入手をしたものの...。いつの日か手放してしまった経緯がアル。
(この理由については後日また説明スル。)

このミシェル・ルグラン・トリオの映画音楽二部作である
「パリジャン・ブルー」1991年録音
「オータム・イン・パリス」1992年録音

その一枚「パリジャン・ブルー」は。
「シェルブ-ルの雨傘」「おもいでの夏」「華麗なる賭け」
「嵐か丘」「太陽がしっている」e.t.c.を始めとする
ミシェル・ルグランの名曲の他。このアルバムのために
ミシェル・ルグラン書き下ろした、新曲の
タイトル曲「パリジャン・ブルー」他1曲を収録。

どの曲も素晴らしい名演なのだけレド。
アッシ的フェバリット・トラックは「シェルブ-ルの雨傘」7分24秒。

この哀愁に満ち溢れた名曲は、4ビート・ジャズ~ボッサ・ノーヴァ
~タンゴといったアレンジを基に展開スル。
ミシェル・ルグランの情熱がこもったピアノ・タッチが圧巻!!
スピード感が溢れ、流麗でハイ・ブロウな
インプロビゼーションを繰り広げて行く。

ノリはかなりアップ・テンポで、ミシェル・ルグランの
息づかいが伝わって来るほどダ。、
そして。最終章では劇的なドラマが待ち受けてイル。

音楽とは。演奏者の「感情の今」をありのままに伝えてしマウ。 
嗚呼...。

ミシェル・ルグランは、過去に数多くのジャズ・アルバムを残しイル。
JAZZメンであるシ、映画音楽のコンポーザーとゆー二つの顔を持つ。
今回聴き直してみて。アッシはこの
「パリジャン・ブルー/ミシェル・ルグラン・トリオ」を
ルグランJAZZアルバムのベストに挙げたい!!

ジャケット画は、フランスの画家 ヴァラディエ 作 「黒と白」。

思わずジャケ買いしていまいそーな、スタイリッシュで美しいヴィジュアル。
が。何故かその陰に潜む哀愁?を感じずには居られナイ。
ルグランJAZZの叙情をも表現しているかのよーだ。

■「パリジャン・ブルー/ミシェル・ルグラン・トリオ」
  SONY MUSIC(ALFA) MHCP-1368  1991年録音

  ミシェル・ルグラン(p) マーク・ミシェル・ヴィョン(b)
   アンドレ・チェカレッリ(ds)
 
///////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html
 
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

//////////////////////////////////////////////////////

|

« OCTAVEで鳴らすSIGNATURE DIAMOND | トップページ | 「LP12SE」と「SIGNATURE DIAMOND」 »