« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »

2007年3月10日 (土)

中古品が出まシタ!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆

          Mc500

アンプの王者!!
マッキントッシュが誇る名機 「MC500 」 中古品がでまシタ!!
もー説明は要りませんネ。

この頃のマッキンは、今よりサイズが小さかったデス。
全面ガラス・パネルで自慢のブルー・アイが美しい!!
あの艶のある濃厚なサウンドがたまらナイ。
もー何もゆーコトは有りません。

*注:このMC500は後期ヴァージョンです。

■McINTOSH  MC500           中古品A
  パワー・アンプ/500W+500W
   定価\1,155,000  > \450,000 税込

■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001   サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

再展示しまシタ!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆

        Job_pre150

JOB ACTIVE PREと150MONOでスガ。
今月は「半期決算スペシャル」を行なっております関係で、
早くも展示品を販売してしまいまシタ。

決算締め後の3月21日より再展示を予定しておりましタガ...。
アッシ的には。
この小さくてカワイイ奴を 「さみしくてもー待てない!!」。
3月21日を待たず再展示をしまシタ。ってワケ。

で。早速セッティングを終え。
今はウイーン・アコースティックの
「T-2G MOZART GRAND LIMITED」へ接続。
JAZZを元気に逞しく鳴らしていマス。

やっぱ。「GOLDMUND の 血統」はイイよな!!
質感がちがう。

■JOB  ACTIVE PRE         定価\241,500 税込
 プリ・アンプ/ライン入 x 4/プリ・アウトx 1

■JOB  150MONO            定価\189,000 税込 1台
  モノラル・パワー・アンプ/150W
 
■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001   サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

2007年3月 9日 (金)

2FLINN試聴会のお知らせ(第一弾続報)

Ninka212_2Majik_4
LINNの人気シリーズNINKA、AKURATE212、AKURATE242、それぞれのスピーカーをアクティブまでの流れを実際に体験して頂く試聴会の日程が決まりました。

「LINN アクティブの全て」ーパッシブからアクティブまでの全貌ー

第一回目 NINKA編 3/24(土) システム:MAJIKシリーズ(Power Amp C4100)×NINKA
第二回目 AKURATE212編 4/7(土)
第三回目 AKURATE242編 4/28(土)

基本的に全てのデモはMAJIKシリーズで行う予定にしておりますが、二回目以降のシステムは部分的に変更の場合がございます。各開催日の時間、システムの詳細は決まり次第お知らせ致します。ご予定が合えば是非3回全てにご参加頂きたいとも思っております。

上記試聴会はご予約制とさせて頂きますので、下記担当柴田までご連絡下さい。
お待ち致しております。

サウンドハウス2F担当柴田03−3253−2001shibata@dynamicaudio.co.jp

|

小宇宙

Jimmy_scott
地球は広い。
空を見ても、夜の星や水平線を見てもわかる。降り立った事の無い土地や人を見て想像し、また広さを痛感する。行ってみたいと思う場所があり過ぎて実際は全く行けてない、考えて想像するばかり。

先日、ふとした幸運から頂いたLP、「ALL OF ME/JIMMY SCOTT"LIVE IN TOKYO"。
恥ずかしながら知らなかった。でも、聴いて涙腺がゆるむ。
その歌声、まるでスピーカーと自分の間の小宇宙。

「音楽が好きで良かった」と心から思う瞬間。

サウンドハウス2F柴田柴田:shibata@dynamicaudio.co.jp

|

初聴き!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆

    At33anv   At5000t

ひょんな事から? 機会が有って、
オーディオテクニカのMCカートリッジ「AT-33ANV 」と
MCトランス「AT-5000T」を試聴出来た。
近年発売 MCカートリッジやMCトランスの試聴ですら、
何年ぶりか?ってゆーぐらい久しぶりの体験だ。

アッシ的には「AT-33シリーズ」は、初代より聴いて来たケド。
1980年代後期になってからは、国産のカートリッジを
全くと言って聴く機会が無かった。

*その理由は?話せば長くなるので、
次回のホーム・ページ「名機/珍品講座」に、
このブログを完全版 に完成させて掲載予定デス。
是非、ご覧下さい!!

で。
このMCカートリッジ「AT-33ANV 」とMCトランス「AT-5000T」ニワ。
「もの凄い分解度」と「高い質感」を感じずには居られなかった!!

初見でゆーと。
カンチレバーが昔のAT-33とは全く違って、
もの凄く太くなっている。これはDENONのDL-103相当の太さだ。
だからこそ?音に厚みを出せたのだと単純に思ってしマウ。

アナログは「過去の物」ってゆー偏見は、一発でぶっ飛んでしマウ!!
アナログで最新鋭の音を出しているカラ。

最近ではSACDを多く聴く機会が有るアッシだケド、
SACDと「勝負だ!!」って言いたい。
そんなMCカートリッジ「AT-33ANV 」とMCトランス「AT-5000T」。
でシタ!!

■AT-33ANV  定価\52,500 税込
 MCカートリッジ/10Ω/再生周波数範囲15~50,000Hz/楕円スタイラスチップ
  高硬度ジュラルミンパイプカンチレバー/純度99.99996%のPCOCC6Nコイル
  針圧:1.8~2.2g(2.0g標準)/質量:6.9g

■AT-5000T  定価\346,000 税込
  MCトランス/アルミ鋳造のボディ/特殊手巻きのLコアトランス
  2~17ΩのMCカートリッジに対応/黒檀フロントパネル

■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001   サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

2007年3月 8日 (木)

モービル・フィデリティー盤の凄さ!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆

       Pbarber

事の始まりは。ってゆーと。
パトリシア・バーバーを聴いたのは、
お客様のY氏が「五十嵐さん。このCD良いよ!!」って
聴かせて頂いたのがキッカケ。

パトリシア・バーバーは、ピアノを弾き語るジャズ系。
彼女のしわがれたヴォイスは重く、アンニュイを感ジル。
「初聴き」で、一発でその魅力にハマッテしまった。

音響的にも。ヴォーカルと伴奏の楽器とが、
上手くバランスのとれた録音がなされてイル。
「ん。これはデモ用に使える!!」

そこでアッシのコレクター癖が。
居ても立っても居られなくナリ、CD店まわりが始マル。
が。いくら探しても、どの店にも無い。
後で調べたら廃盤になってイタ...。

あきらめられず、ネットを使って更に調べて行くと。
モービル・フィデリティー盤が出ているではナイカ。
しかもSACD化されて!!

やっと手に入れた満足感。コレクター冥利につきる一瞬だ。
通常CDからモービル・フィデリティー盤になるだけで、
音はそうとうUPする。ましてやSACD化されているカラ、
空間表現と高い分解度がプラス!!

同じ録音でも「こーも違うか?」。
驚愕の世界が、そこに現れた!!

■「NIGHT CLUB / PATRICIA BARBER」
  2000年 発売 BLUE NOTE (MOBILE FIDELITY  USACD2004)

   PATRICIA BARBER(Vo,P) MICHAEL ARNOPOL(B)
   ADAM CRUZ(Ds) CHARLIE HUNTER(G) MARC JOHNSON(B)
   ADAM NUSSBAUM(Ds)
 
■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001   サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

2007年3月 7日 (水)

JBL DD66000 スペシャルイベント

DD66000を鳴らしてきて半年、ダブルウーハーの真価を皆様にお伝えするに値するサウンドに仕上げるべく講師に山口 孝様をお迎えしてJAZZのBASSシストに的を絞った試聴会を行います。
山口氏には去年「ベイシー・イズ・バック」の演奏会で講師をして頂きまして、参加していただきました皆様と音楽の感動を、オーディオの素晴らしさを味わいました。今回もオーディオにおける低音再生のあり方をJAZZのウッドベースをもとにお話と音楽で皆様に体験して頂きます。

内容           JBL Project EVEREST 試聴会
         「JAZZ ON BASS  LIEN」
講師         山口 孝氏
               

日時      3月31日 土曜日 18時開始
場所      サウンドハウス 5F アメリカンサウンドフロアー
参加者     予約制
使用機器 スピーカー   JBL     DD66000
              パワーアンプ  Mclntosh  MC501x2
              プリアンプ   Mclntosh  C46 
              ADプレイヤー  LINN     LP12/AKIVA/EKOS.SE/KEEL
             CDプレイヤー  LINN      UNIDISK1.1
               

音楽    BRANFORD MARSALIS        TRIO JEEPY
                BILL EVANS                  PORTRAIT IN JAZZ
                COLEMAN HAWKINS          CLASSIC TENORS
                G・PEACOCK    DISTINGUISHED FRIENDS OF CELLO
                他2曲

ご興味のある方は下記までどうぞお申し込みお願い致します。

担当 厚木 03-3253-2001  atsugi@dynamicaudio.co.jp

|

初聴き!!

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆

 

                Ref1

2007年3月5日(月)夜。春の嵐。
豪雨と突風の中、東京目黒にあるパイオニア本社へ向かった。
TADの新製品 TAD REFERENCE 1 の試聴をする為。

「音決め」が最終段階に入った試聴機。
なにせ?初聴きでのインプレは「もの凄い分解度」だった...。

TADのスピーカーはアッシ的には、
昔の職業の頃に体験した思い入れもあり、
特に2402はフェヴァリット・スピーカーの1つでもアル。

新製品 REFERENCE 1。
仕上げはヨーロッパの高級家具レヴェルの美しさ。
その完成度に対して、日本の技術力には改めて驚かさレタ。

このペア600万のレファレンス・スピーカーに、
今は情報も少ないし、ゆーコトもあまり無いケド。
春の嵐の中で体験した音は?
何らかの因縁が有るのかも知れない。
またの機会が出来た時に、インプレを書きたいと思っていマス。
~続~

■TAD REFERENCE 1 定価\6,300,000 税込ペア 新製品

3ウェイ位相反転式フロア型/再生周波数帯域:21 Hz~100 kHz
クロスオーバー周波数:250 Hz、2 kHz/出力音圧レベル90dB
インピーダンス4Ω/ウーファー:25 cmコーン型×2
ミッドレンジ/トゥイーター:同軸16 cmコーン型/3.5 cmドーム型
サイズW554H1293D698 mm/150 kg(1台)

*詳細は下記でどーぞ。
http://pioneer.jp/tad/reference/index.html
 
■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001   サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

2007年3月 6日 (火)

2Fからのお知らせです(LINN試聴会について)。

Ninka212Majik_1

少し時間が経ちましたが、以前AKURATE212のフルアクティブ、ARTIKULAT320Aとアクティブの試聴会を行いましたが3月下旬より4月の間にかけて今度は実際にアクティブまでの変化を楽しんで頂きながらの試聴会を開催しようと思っております。スピーカーも一回目はNINKA、二回目はAKURATE212、3回目はAKURATE242と人気のモデルを通常のシングルパッシブからバイアンプパッシブ、そしてアクティブへと変わっていくLINNの表現力、そして実際の作業段階までも見て頂きながら進めていきたいと思っておりますので楽しみにお待ち頂ければと思っております。既にお使いの方もこれからお考えになっている方にもアクティブ設定の作業の流れまで見て頂ければ不透明だった部分がしっかりご理解頂ける事と同時にLINNのシステムとしての楽しみの広さとそのクオリティーにもう一度驚いて頂けるはずです。

日程等、詳細が決まり次第お知らせ致します。

サウンドハウス2F柴田柴田:shibata@dynamicaudio.co.jp

|

2007年3月 5日 (月)

MEG ME25

Meg_me25

先日お知らせしたMEGのパッシブスピーカーME100の次は大小でいくと小のME25。これもバーズアイメープルになって到着しております、やはり音はMEGのコンセプト通りシリーズに関係なくバランスのとれた音作りに加えサイズも手頃です。パッシブは能率も高く設定されており鳴り易さも持ち合わせていますのでアンプ類の選択肢も広く楽しめるようになっています。そういえば、3月10日から山口情報芸術センターで開催される坂本龍一+高谷史郎 "LIFE - fluid, invisible, inaudible ..."ではMEGのアクティブスピーカーRL906を18本も導入して映像と音楽のコラボレーションをするみたいですね、体験してみたいです。お近くに行かれた方は是非。

オープン価格でしたが、下記定価(税込)が決定致しました。どちらもペアの価格です。
ME25 ¥388,500
ME100 ¥693,000

ご試聴お待ち致しております。

サウンドハウス2F柴田柴田:shibata@dynamicaudio.co.jp

|

シックな大人の女性。

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆

今日は午前中どーゆーワケか?
当店の1階のお留守番をしています。

で。TANNOY の新製品「Glenair 10」を聴いた。ってワケだ。
自分のフロアーとはワケが違い、勝手が解らず
暇していると怒られちゃうので...。(笑)

         Glenair10_s

好評の「Glenair」の新ラインアップ!!
新設計の25センチ(10インチ)同軸2ウェイ・ユニットを搭載。
小型フロアタイプ・スピーカーシステム?

って言っても。同ブランドの旧機種である「STERLING」と
サイズもプライス・レヴェルも似通ってイル。

仕上げはTANNOY特有のウオールナット仕上げから刷新。
エンクロージャーは、Glenairから受け継イル。

音楽的な響きにも優れたヨーロッパ北部産の特に
密度の高い木材から特別に厳選されたバーチ(樺)
材の高密度積層合板を使用。
外観は質感溢れるチェリーのリアルウッドを採用。

フローリングの落ち着いた洋間にマッチする高級感。
憂いのある渋い伝統的なブリティッシュ・サウンドは変ラズ。
インテリア性のある大人のスピーカーだと感ジタ。

久しぶりに聴いた「TANNOY」だケド。
この「Glenair10」を今度聴くときは。
大人の女性を食事に誘う時のよーに身なりをキチンと整えて、
スコッチウイスキーはストレートで頂きタイ。

■TANNOY Glenair 10  定価\630,000  新製品
 同軸2ウエイ/フロアー・スタンディング型スピーカー
  バイ・ワイヤー対応

*詳細は下記でどーぞ。
http://www.teac.co.jp/av/import/tannoy/glenair/glenair10.html
 
■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001   サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

2007年3月 4日 (日)

だから楽しいんだ。

Chuck_berry
いつも行くレコ屋でいつもはあまり見ないコーナーを見てしまう。あ、バック・トゥー・ザ・フューチャーで・・・くらいの気持ちで手に入れて聴く、あ、これもか、この曲もそうだったのか、と何だか聴いた事ある曲やリフばっかり、ベスト盤だからなのは当然かも。勿論、名前ぐらいはずっと知ってたけれど自分のライブラリーには入っていなかった。気がつくとLP2枚組をたっぷり楽しんでもう一回Johnny B Goodeを聴いていた。少し調べてみたりすると自分の想像とは随分違う人生だった様だ。

自分で手に入れて聴くと、何だか急に自分の物になったような錯覚になる、勝手に近づいた気にさせてくれる。

その時を楽しめば全てを知らなくても良い時だってある、と思う瞬間でもある。また、探しに行こう。

サウンドハウス2F柴田柴田:shibata@dynamicaudio.co.jp

|

ディスクのお手入れしてますか?

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eye  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 90% !!☆

         Rd3

アコリバのディスク・ディマグネタイザーは、
アッシ的には初代のRD-1からのお付き合いを続けてイル。
で。三代目がこのRD-3になる。

RD-1   消磁にかかる時間が、10秒。
RD-2   消磁にかかる時間が、20秒。
RD-3   消磁にかかる時間が、20秒。
   *トルマリン塗布によるマイナス・イオン効果をプラス。

光学ディスクは使用時もそーなんだケド。
使わずに「そのまんま」放置していると帯磁してしまうカラ。
定期的にディマグネタイジングを行なわなければならナイ!!

帯磁する理由は?
①光学ディスクのレーベル面に印刷してある塗料が鉄分である。
②CD/DVDプレーヤーのピックアップ部は強力なマグネット。
③CD/DVDプレーヤーのモーター回転時に発生する磁束。
④光学ディスクとケースはプラスチック製。

上記の理由から光学ディスクは帯磁してしまう。
音は「モコモコ」して曇り、ノイジーになってしまうカラ。
このディスク・ディマグネタイザーRD-3を定期的に活用し、
光学ディスクの「お手入れ」をすると。

「モコモコ」して曇って帯磁した音は、
見違えるよーに透明度の高い「クリーヤーな音」に蘇る!!
ってワケだ。

アッシなんぞは、2600枚の光学ディスク所有しているカラ、
CD棚に収納して置くだけでも帯磁してしマウ。
「コレクターの方、必需品ですョ!!」

追記:裏技で。ケーブルやLPレコードにも効果抜群!!
      マイナス・イオン効果? 「ワカリマセ~ン」失敬。

■ACOUSTIC REVIVE  RD-3   オープン価格 > ¥27,800 税込
 ディスク・ディマグネタイザー/サイズW160H56D198mm

*詳細は下記でどーぞ。
http://www.acoustic-revive.com/japanese/rd3/rd3_01.html
 
■お問い合わせは下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001   サウンド・ハウス  7F 五十嵐

|

« 2007年2月25日 - 2007年3月3日 | トップページ | 2007年3月11日 - 2007年3月17日 »