« 明日のイベント | トップページ | 真空管コーナーさらに拡大する予定です。サウンドハウス1F »

2008年2月29日 (金)

’70sのLP

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today's eyes  ◆◇◆

   ☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97% !!☆

              フランス古城にて録音

            Rainbow   

レインボーの最盛期。
リッチー・ブラックモア(g)コージー・パウエル(ds)
ロニー・ジェイムス・ディオ(vo)を
中心とした最強のメンバーで、
フランス古城にて1977年に録音された本アルバム。

フランス古城での録音。
ってゆースチュエーションに、この当時は注目を浴ビタ。

この録音デハ。
リッチーのストラトキャスターの低音弦は、
ソリッドでクリヤーな響きを醸し出してイル。

ブルースや中世バロック音楽のエッセンスを、
充分に吸収した彼特有のフレーズが炸裂して行ク!!

そして何と言ってもこのアルバムの主役は。
コージー・パウエルが叩き出す
タイトでスピード感溢れるドラミング!!
強打が大洪水の如く、リスナーへ響き渡って来ル。

どんどん前に突っ込んで来る
「前ノリ」のドラミングには圧巻!!

楽器から発信した音に対シテ。
石の建造物が創り出す独特な響きには、
電子楽器が作るリバーブと異質な響きを感ジル。

ダウン・トゥー・アース的な考えからすルト、
これこそ?天然リバーブとも、ゆーべきか?

//////////////////////////////////////////////////////////

        < ジェフと二人のドラマー >

コージー・パウエルは。
第二期ジェフ・べック・グループの
アルバム「ラフ&レディ」1970年発売でメジャー・デビュー。
多くのアーティストと多くセッションをこなしてイル。

ジェフ・べックの1980年発売アルバム「ゼア&バック」で、
セッションしている名セッション・ドラマーの
サイモン・フィリップスが居ルガ。

コージー・パウエルとは相反して。
「後ノリ」で、まったりとしたリズムを刻む。
皮張りが緩めの打音からは、リスナーは重厚なパワーを受ケル。

アッシはこの相反する、この二人のドラマー
それぞれが好きなのダガ...。

プライベートでは、バイク・マニアの
コージー・パウエルだカラ。(レーサーとしても活躍した。)
ドラミングもやはり、スピード狂なのだロー。
///////////////////////////////////////////////////////////

同じアルバムでも。
1978年当時に聴いた感想と、今とでは聴き方が異なる。
今は。アッシのプロフェッションとして。
オーディオ感覚を持って聴いてしまう「性」が、
どーしても出て来てしマウ。

「LONGLIVE ROCK'N ROLL / RAINBOW」は。
1978年当時の録音としては良い状態だと思う。、
そして。フランス古城が創り出す
「独特な響き」を今、新たに感じずには居られナイ。

リッチーは、何故?録音現場に古城を選んだノカ?

やはり。CDで聴いては面白くナイ。
レコードでしか出せない、この当時の空気感が有るかラダ。
  
■「LONGLIVE ROCK'N ROLL / RAINBOW」
  (邦題:バビロンの嵐)
  1978年 ポリドール MPF-1156
                      
///////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html
 
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

//////////////////////////////////////////////////////

|

« 明日のイベント | トップページ | 真空管コーナーさらに拡大する予定です。サウンドハウス1F »