« 秋葉原日記 No.12 | トップページ | 秋葉原日記 No.13 »

2008年2月26日 (火)

JBL S4600でBILL WITHERSを聴こう。

S4600
さて、1回目のMiles、2回目のMonkの続きという事で、3回目はBILL WITHERSを聴いてみようと思います。個人的に大好きで頻度高くかけていますが(殆どはここで紹介したのではその1その2その3その4その5)やはり良いものはいつ何度聴いても良い。彼の何とも寂しげで、それでいて温かい独特な世界が好きな人は沢山いるのではと思いますが、こうして全アルバムゆっくり聴き返しても改めて'77年の「MENAGERIE」が個人的ベストアルバム、一曲だけなら1stアルバムからA-4「IN MY HEAT」でしょうか、その引き込まれるような声もギターの鳴りやメロディー、静かにゆっくり進む時間もJBL S4600は贅沢に演出してくれます。今回のシステムも前回と同じ以下の通りとなります。

AD Player:LINN LP12
SACD Player:LINN AKURATE CD
Integrated amp:PASS INT-150
Speakers:JBL S4600

Pass_int150_2
奇麗なだけではない、少し荒い感じもPASSのプリメインアンプの相性で気持ち良く、上手に聴かせてくれますよ。やはりサイズも含めてなかなか上出来なスピーカーです、是非ご試聴にお越し下さい。

2Fではお勧めのシステムをゆっくりと時間を使ってご試聴頂けるスペースをご用意致しております。

***********
Whithersall
***********

***2Fのお買い得品と中古品はコチラからご覧下さい。***


※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス2F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 秋葉原日記 No.12 | トップページ | 秋葉原日記 No.13 »