« S4600でMonkを聴こう。 | トップページ | 2F中古情報です。 »

2008年2月11日 (月)

QRD「BAD」のレポートです。

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

本日はお客様宅のご紹介です。S様はN803を中心にしたシステムでオーディオ、AVを楽しまれているお客様。機器は完全に決まっており、セッティングでの音の追い込みをメインに行っていらっしゃいます。ボードやケーブルへのこだわりはもちろんですが、ラックの組み立て方などもシビアに調整されております。以前導入して頂いたQRDの「BAD」のレポートを頂きましたのでお伝えしたいと思います。「BAD」は、私のフロアーでも後ろに4枚使用していますが、使いやすく効果も高いお勧めアイテムです。皆様の参考になれば何よりです。S様、本当にありがとうございました!

           -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

上遠野さん
Sです。

BADを色々試していましたが、やっと落ち着きました。
写真をお送りします。

Syoumen■正面の写真です。
 STANDを使うと4枚がすっきりとおさまりました。

■背面の写真です。
 背面は 2.2m x 4.5m の大きな壁で、石膏ボードに壁紙でできています。

 Usiro ここに82cmの位置で4枚並べると、効果絶大でした。 スピーカーから出た音が直接ぶつかるからですかね。

 両サイドに設置するより、はるかに効果が出ました。 それにしても、石膏ボードは音響的には全くダメということがよくわかりました。

音の定位、左右への広がり、奥行きなどの音場表現、
低域の締り、中高域とのバランスなどすべてが良くなりました。
本来出るべき音に近づいたという感じです。

        -*-*-*-*-*-*-*-*-*-

お問い合わせは上遠野までお願い致します。

|

« S4600でMonkを聴こう。 | トップページ | 2F中古情報です。 »