« 秋葉原日記 No.26 | トップページ | 2004年のCD »

2008年3月16日 (日)

好評ものぐさシリーズ第2弾 GTラック

重~い、安~いといえば、

やっぱり

Yamaha  GTラック GTR-1000でキマリ。

**大メーカーだからこそ販売できるこの商品

それは何故か?ここでお伝えします。**

■メーカーHPはここをクリック■

店頭販売価格:5万円前後
 

Gtlack

今、思えば何故GTなんでしょうか?

GT → グランツーリスモの略?(絶対、違いますね。)

はっきりとした意味は知りませんが、昔、よくGTってなんでもついていましたね。

(例:ロイヤルGTサルーン)

とにかくGTって言葉が入ると何となく

1、安いものではない。

1、本物の証明

といった言葉のイメージがありましたが このGTラック

なめちゃいけません。重い=値段が高いというAUDIOのプロセスを突き破った

エポックメイキングなラックなんです。

久しぶりにこのラック販売再開となりました。

このラックが欲しかった方、是非 サウンドハウス1Fまでどーぞ。

Gtlack2

(おもーい、やすーい、GTラック♪)

本当に重いです。でも、組み立てる必要がありません。

ものぐさなあなたにも設置するときは気合が必要でしょう。

質量は32kgもあります。

最後になりましたが、この商品、本当に重いので通常の運送会社が運ぶのではなく、

YAMAHAさんが自ら(!)運んできます。

やっぱり、こんな商品 大メーカーしかできません。

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

(ここは秋葉原価格で販売いたします。)

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001 

FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP(新規にて公開中)

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

********************************************

メールアドレスはこちらです。 ~メールでも ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp  

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

よろしく お願いします。

|

« 秋葉原日記 No.26 | トップページ | 2004年のCD »