« BELL AIR MATURI Vol .1 | トップページ | 秋葉原日記 No.24 »

2008年3月11日 (火)

どこまでも、溝。

Joey
No.148
衝撃的な曲に出会ってしまうと1回目はそのまま聴き入るとして、2回目は回るレコードと針を眺め「ホントにここから出てくるのか」とは、今も変わらず思います。たかだか0.数ミリの溝に何を隠しているのかと、聞きたくなるこちらの気持ちは気にも留めない様子で、淡々と回るレコードはどこ吹く何とか。「MAJIK LP12」が間もなく登場という楽しみも控え、今日のような晴天の夕暮れにはこんなアルバムを窓でも開けて気持ち良く聴ければ、まずは言う事無し。

Joey/Little Beaver

彼の1stアルバム、自分の「ツボ」が何個かあるとすれば、押してなおグリグリしてくる1枚。言うなればやはり、カレーと生姜焼き(ここ)でしょうか。


半期決算も残り10日を切りました!!
***2Fのお買い得品と中古品、詳しくはコチラをクリックしてご覧下さい。


半期決算ラストスパートの目玉(その1)をお忘れなく。


***間もなく入荷の「中古情報」は(その1)と(その2)です。


※LP12の詳細、セットアップに関してのお問い合わせも随時受け付けております。

※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス2F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« BELL AIR MATURI Vol .1 | トップページ | 秋葉原日記 No.24 »