« お知らせ!! | トップページ | 鼻歌。 »

2008年5月 5日 (月)

1Fお楽しみ企画 LX-M3サウンド メカニカルな2WAY技術

聴いて試してみました。ベルエアーサウンド。

(昨日も売れました。)

第1回目の紹介はこちら

第2回目の紹介はこちら

第3回目の紹介はこちら
 

Cimg0312

Cimg0320

BELL AIR

ジェンセンユニット採用 LX-M3 

標準販売価格320,000円(税込み)

このブログを見ていただいているお客様。

本当にありがとう ございます。

おかげさまで、反響はとても大きく、お客様の方から

ネットで見て来られた方が多数来られ、全く

うれしい限りです。

まあ、ひやかしOKということでブログでも書いていましたので

お客様の方も自然体で素直なご意見を1Fチームメンバーに

かけてくれています。

****************

多数のお客様の声をまとめますとこんな感じです。

****************

解像度もありますし、表現力に長けています。

ヌケの良さとは微妙に表現が違うのですが、

開放感がたまりません。

ネットで見てから考えてた音場型とは、ちょっと違い

音が早くクラシックからJAZZまでオールマイティに

なるのにはびっくりしました。

*****************

ダイナの社員の意見複数としては、

*****************

アクセントのつけ方、空気感の表現が

抜群。躍動感、演奏者の演奏振りが

判ってしまうのに感嘆しました。

表現力については異端です。

*****************

ざっと こうっだったと思います。

(褒めすぎでしょうか?)

私が考えるには、以前にもお伝えしたとうり、

これはバックロードホーン型となっています。

しかも、吸音材が入っていないわけで、

そこからもお判りになるとは思いますが、

音がなまらないのです。裏を返せば、一歩設計を

間違えると変な箱鳴りになりかねませんので、

そこが今回 受けているポイントの一つだと

思います。

あと、それからですが、もう一つの特徴として

電気的な処理に頼らない

メカニカル2WAYの技術にも驚かされます。

(今回のテーマですね。)

実はLX-M3はウーハーユニットX3、

ツイーターユニットX1ということになるのですが、

特に着目しているのが、ジェンセンユニットを

2WAY配置しているということです。

つまり、LX-M3は

同じ音の情報を複数のユニットで配置してますが、

バックロードホーン型と相まって、

徐々に下の方が自然と低い周波数の方へ

向かって流れていきます。

さらに、写真を見てもお判りのとうり、

ウーハー側の一番上はサイズも違いますが、

これも電気的な処理を使わないメカニカルな

処理にとどめています。

よって、吸音材を使っていない(なまっていない)

低域が後ろからも反射してでてきますから、

ホールトーンが綺麗にとうり、小ユニット

(ジェンセンユニット)のもつレスポンスの

良さと相まってなかなか経験できないような

音場感を経験してしまうと思います。

どうでしょうか?これで おススメしている理由が少し

お判りになったでしょうか?

只今、1Fで展示中です。どうぞ遊びに来てください。

今でしたら、発売記念ということでキャンペーンもやっています。!

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

(ここは秋葉原価格で販売いたします。)

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001 

FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP(新規にて公開中)

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

********************************************

サウンドハウス1F 新コーナー設置しました。4月4日UP

こちらも お楽しみ下さいませ。

■新コーナー開設!夢のアナログ球手箱♪

********************************************

メールアドレスはこちらです。 ~メールでも ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp  

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

よろしく お願いします。

|

« お知らせ!! | トップページ | 鼻歌。 »