« 試聴会のお知らせ!! | トップページ | 秋葉原日記 No.54 »

2008年5月16日 (金)

1F お楽しみ企画 LX-M3 真剣考察

*THE サウンドハウス1F プレゼンツ*

Bellair

BELL AIR

ジェンセンユニット採用 LX-M3 

標準販売価格320,000円(税込み)

Cimg0454
 

第1回目の紹介はこちら

第2回目の紹介はこちら

第3回目の紹介はこちら

第4回目の紹介はこちら   

 

LX-M3いかがでしたか?今のところ、絶賛の嵐です。

(ちょっと言いすぎです。)

多数の方が聴いていただいて ほぼ納得されてます。

(私が記憶する限り、不満と感じた人は一人、

悪くはないが自分には合わないと答えた方が一人です。)

実際、大メーカーの方も気になって来られた程です。

その方も試聴して帰られたわけですが、かなり驚いて

おられました。お客様から多い問い合わせとしては

①どんな感じのするスピーカーですか?

②ユニットをどういう風に使っているのですか?

③どんなAMPと鳴りますか?

④どんなジャンルが合いますか?

このような質問が多いです。

先ず数々のAUDIO雑誌に紹介しているわけでは

ないので、知るという基本的な情報量が絶対不足

しています。従って①~④までのような質問を

浴びてしまう気持ちも判る気がします。ここで、

やっぱり聴いていただくことが一番です。という

手前ミソ的な逃げ方もいかがなものかと思います

ので、ちょっと今回は紐解いていきましょう。

先ず①(どんな感じのするSPですか?)

最初から直球質問ですが、1Fチームの意見、

お客様の感想を全部集めて 一言で言うならば

(楽器の音がそのままする。)

こんなところでしょうか?特に生のコンサートを

聴いていただくとクラシックでもJAZZでもそうですが、

空気がまわっているような感じ、シンバルやサックス等

のどこまでも吹き上がるようなエネルギー感をSPで

表現するのには難しい。と感じることがあるのですが、

なかなか近いところまで表現できてます。

次の質問②
(ユニットをどういう風に使っているのですか?)

これには製作者のT氏も企業秘密ということで

今のところ詳しいところで不明な点もあるのですが、

とりあえず、2WAYバックロード型スピーカー

であるということは明言しています。ユニットは

写真を見ていただいても4つありますが、

メカニカルな処理に留めています。

私は、ここに関心させられたのですが、よく、複数の

設計者、評論家の話、論文を読んでも2WAYが

一番バランスがいいという話を目にします。

(もっといいのはフルレンジだと思いますが...)

その点を忠実にし、ネットワーク等の位相回転を

防いでいるところが関心させられます。

Cimg0453

③どんなAMPと鳴りますか?

これは、数時間ほど、じっくり複数のアンプを試聴

させていただいた結果、かなり個人的な意見だと

思うのですが、ヤマハのA-S2000をチョイス

したいと思います。(本当に合うのです。)

ベルエアーのアンプを選ぶのも解像感に富みますし、

いい方法だと思うのですが、何しろ、標準販売価格

が税込み32万円とかなり お買い得な金額設定に

してある以上、同じ金額設定に合う様なAMPを探す

となると、ここはデジタルアンプや真空管アンプでも

なくヤマハA-S2000に辿り着いてしまいました。

ヤマハのアンプをご覧になれば一目瞭然なのですが、

皆さん忘れているとは思いますが、ヤマハのコンセプト

知っていますか?それは、ロゴにもナチュラルサウンド

と明記してあるようにノンカラーレーションで自然の音、

すなわち楽器そのものの音を目指して作られている

わけです。(やはり楽器メーカーですね。)

As2000

ノンカラーレーションの音がどういうものか?

言葉では簡単ですが、日頃、慣れているアンプの音が

いかにカラーレーションに染まっているか?

これを知るようになるには耳の鍛錬というか、日頃いつも

聴いているようになると誰でも判ってくるようになると

思いますよ。判ってくると欲しいものが変わってきますし、

そこから本当のオーディオの醍醐味も伝わってくる

でしょう。私は A-S2000にCD-S2000を

バランス接続で是非試していただきたいと提言します。

ここでバランス接続することによって完全バランス構成

になり色んな音楽が持っているダイナミックな表現を

余すことなくLX-M3が受け止めてくれます。

ある意味、これで完成してしまうようなマッチングです。

④どんなジャンルが合いますか?

恥ずかしながら私もお客様に一度、どのような曲を

お聞きになられていますか?と尋ねてしまうことが

あります。今、思えば最初に尋ねてみることに

よってちょっとした誘導をしてもらいたいという

気持ちもあるのかもしれません。

しかし、音楽の感動を受け止めるのは

千差万別であってお客様個人の精神性の領域まで

踏み込んでいこうなどとは全然考えていません。

よってどんなジャンルが合いますか?という質問で

お客様の心理を誘導することはしません。むしろ、

このようなSPですからイメージつかない方も多い

と思いますので、この際、先入観など全く考えず

に聴いたら面白いと思いますよ。

Cimg0455

サランネットをつけるとこんな感じになります。

(ベルエアーロゴマークも付属する予定です。)

Cimg0452

後ろのジャンパーだけでもちょっとした秘密が

あります。

つたない文書ですみませんが、お答えできる限り

いっぱい書いてみました。

興味をお持ちになった方が これで増えて

いただければ嬉しく思います。

只今、キャンペーン実施中ですので

この機会もお見逃し無く。

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

(ここは秋葉原価格で販売いたします。)

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001 

FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

********************************************

サウンドハウス1F 新コーナー設置しました。4月4日UP

こちらも お楽しみ下さいませ。

■新コーナー開設!夢のアナログ球手箱♪

********************************************

メールアドレスはこちらです。 ~メールでも ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp  

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

|

« 試聴会のお知らせ!! | トップページ | 秋葉原日記 No.54 »