« 秋葉原日記 No,49 | トップページ | ATC SCM50SLPT絶好調の兆し。 »

2008年5月 6日 (火)

ハーべス HL-Compact 7ES-3展示しています。

THE サウンドハウス1Fプレゼンツ

Photo 

Harbeth_audio_logominitra

Photo

皆さ~ん。ハーべスの時間ですよー。

Hlcompact7es3

日本人なら一度は検討したいスピーカー?

今、HARBETHで最も人気のあるスピーカーといえば、
HL Compact 7ES-3

標準販売価格 346,500円

> 価格 お尋ね下さいませ。

(専用スタンドHSS-7Cは別売です。)

美音の中にも英国的というか、西欧的な

よくばらない つつましさを感じます。

こういう節度ある基準に滅法 日本人は

弱いのではないでしょうか?

(何故か あこがれてしまう?)

いい意味を含めてラブリーなスピーカーです。

Cimg0370

やっぱりハーべスなら、このスタンドがお似合いです。

Cimg0373

皆さん、ご存知だとは思いますが、

ハーべスの場合、グリル付きで音作りをしています。

Cimg0371

シングルワイヤリングで接続するシンプルな構成。

私の方から説明しなくても、いいぐらいBBC直系の

SP代名詞といえば、ハーべスやスペンドールが

思い浮かび上がります。

スペンドールと比較すると、ツイーターの形状が、

そうさせるのか、若干、ハーべスの方に華やかさ

があるように感じはしますが、お互い独特の雰囲気を

もっているこのスピーカーをながなが聴いていますと、

西欧的テイストがどういうものか、何か判ってくるような

気がしまうのは変でしょうか?

実際、ロンドンで完全なオーディオショップでは無かったのですが、

小さい電気屋さんの商品陳列を眺めていると、黒いデザインの

商品が多いのにはちょっと人気商品が違うのだな~と改めて

お国柄を感じてしまったわけですが.....

(ちなみにドイツはシルバーが多かったです。)

サウンドハウス1Fでも放送関係有名人が来られ、

このハーべスをお買い上げいただいておられます。

クリエーターというか、放送関係の人に受けてしまうと

いうことは、やはり長時間のリスニング、音付けの点に

対してアランショウの狙いがここにあるのに違いません。

余談ですが、ハーべスの経営者で有名なアランショウ

ご存知でしょうか?今でこそHL-Compactシリーズで

全世界にヒットを飛ばしていますが、日本のマーケットが

気になるらしく、当店7Fでもプロモーションしていたところ、

写真を見たアランショウからお礼の手紙が来てしまいました。

(アランさん。いつもお世話になっておりますっ。!!)

そんなわけで、ハーべスもひとつお願いします。

 

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

(ここは秋葉原価格で販売いたします。)

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001 

FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP(新規にて公開中)

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

********************************************

サウンドハウス1F 新コーナー設置しました。4月4日UP

こちらも お楽しみ下さいませ。

■新コーナー開設!夢のアナログ球手箱♪

********************************************

メールアドレスはこちらです。 ~メールでも ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp  

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

よろしく お願いします。

|

« 秋葉原日記 No,49 | トップページ | ATC SCM50SLPT絶好調の兆し。 »