« 銘機アナログプレイヤーから探るおすすめのプレイヤーとは?(後編) | トップページ | DALI HELICONキャンペーンのお知らせ~下取査定アップいたします! »

2008年6月27日 (金)

’80年代のCD

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eyes  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97%

     Bottom_line

                   このLIVEへ行きたかッタ!!

時は1988年9月。

場所は。
ニューヨークのLIVEハウス「ボトムライン」

メンツは。
スティーブ・ガット(ds) コーネル・デュープリー(g)
リチャード・ティー(Keyb)エディ・ゴメス(b)
ロニー・キューバー(Sax)

世界でも一流スタジオ・ミュージシャンのグループ
「スタッフ」からメンバーが3人。
そしてベースにエディ・ゴメス。サックスにロニー・キューバーを
加えたスーパー・セッションが「ザ・ガット・ギャング」。

オープニングは、当時サントリーのTV・CMでお馴染みだった、
「WATCHING THE RIVER FLOW」ボブ・ディラン作でスタート。

コーネル・デュープリーのブルース・ギターは冴えてるシ、
スティーブ・ガットのノリはハイ・テンション!!
ドオ~んと重いバス・ドラムが、ズシィ~んと我が腹に来ル。
ロニー・キューバーのバリトン・サックスが、
何とも言えない渋い味付けを出して...。
リチャード・ティーとエディ・ゴメスのバック・アップは完璧!!

LIVEハウスの「箱」のサイズが解かるほど、
リアルな臨場感を捕らえたLIVEレコーディング。

ノリにノッタこのぱフォーマンスを、浪花風の表現にすルト。
「ワシらのこの熱い魂を伝えたいんや!!」ミタイな。

曲も。
テンプテーションズ「マイ・ガール」プロコルハルム「青い影」
レイ・チャールズ「愛さずにはいられない」...。
この世代をリアルタイムに生きたアッシとってはタマラない!!

しかも。今回の再発はSACD!!
質の高いパフォーマンスを、質の高い音質で!!
嗚呼!! このLIVEへ行きたかッタ。

    Gad_gang

■「 LIVE AT THE BOTTOM LINE / THE GADD GANG 」
   SONY MUSIC  SICP-1014 1988年録音 (2008年6月25日再発)

///////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html
 
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

///////////////////////////////////////////////////////

|

« 銘機アナログプレイヤーから探るおすすめのプレイヤーとは?(後編) | トップページ | DALI HELICONキャンペーンのお知らせ~下取査定アップいたします! »