« UESUGI価格改定 | トップページ | LINN KATAN アクティブ再生。 »

2008年6月 6日 (金)

業界最前線 今年の夏以降のトレンドとは?

Shtop

最近、どうも不穏な動きというか、何といえばいいので
しょうか?、というのもクライマックスDSが出現してから
DSづいたというか、各メーカーも何かとネットワークやら
ストリーミングとかPCと連携したXXを開発中、もしくは
今度販売します。とかいう情報をこそっと教えてくれます。
でも、表だって皆言わないのは何ででしょうか?

やっぱり、考え方がぐるっと変わってしまいますから
扱いの評価が難しいんですかね。

それと、やっぱり値段設定が難しいのかな?と
考えています。例えば、今月、発売になるWADIA
170iトランスポート
なんて標準販売価格62,790円
ではないですか?WADIAですよ。高級ブランドですよ。
iPODからデジタル出力できるのが、最大のウリの
ようですが、WADIAも とうとうiPODの潮流に
のってしまったようです。

Wadia170i

それでは、皆 iPODやストリーミング配信になるかと
思えば、それも自信はありません。
日本は交通機関が発達してますから、ちょっと車で
でかければ、ジャスコ等の巨大スーパーマーケット内
にタワーレコードや新星堂のCDショップは簡単に行ける
ハズです。(レンタルならツタヤ、中古ならBOOK OFF
でしょうか?)こういう状況を考えるとCDも捨てがたい
ですね。

でも、海外ならどうでしょうか?結構こんなに お店は
ないと思いますよ。否、はっきり言います。外国には
ないですね。

そういう点も考えていくとインターネットを使った配信
サービスが近い将来メインになっていく要素は充分
考えられます。

また、CDソースにもこういう時代がありました。
若い方はご存知ではないと思いますが、20年頃前に
ソニーとフィリップスでCDを共同開発したころ、
各社CDP 第一号機が発売されまして、当時の
ステレオサウンドに搭載された広告が販売のアピール
ではなくCD批判に集中された時代を思いだしました。
(そういえば、LO-Dでデジタル出力機器も始めた
ばかりでしたね。LO-Dって日立ですよ。知ってます?)

学生の頃の私にはデジタル=一番正しい情報という
思いが強かった為、何故 批判しているのか全く意味
がわかりませんでした。
(音が硬いとか、CDの回転数にまでケチが入っていた
ことを思い出しました。)

どうでしょうか?今後を占う要素となるキーワードを
幾つかあげてみました。

ここで、私が皆様に申し上げたい事は将来のソースは
結局 何でしょうか?ということだけです。

結局、利便性、流通コストの追求を考えていくと
ストリーミング配信が中心となったオーディオ界に
シフトしていくのかもしれませんが...

何でも便利になりすぎるのもどうかな?と

先入観を捨てていただいて、純粋に自分の理性も
批判していただきながら、今後の音の行く行方に
注目していただくと 案外ゴールは見えるのかも
しれませんね。

(そう言いながら、私は自分の将来さえ
見えていません。う~ん。(悲))

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

(ここは秋葉原価格で販売いたします。)

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

もうマッキントッシュジャパン在庫には無い最後の

MA6900いよいよ残り僅かとなりました

Ma69002

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001 

FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

********************************************

サウンドハウス1F 新コーナー設置しました。4月4日UP

こちらも お楽しみ下さいませ。

■新コーナー開設!夢のアナログ球手箱♪

********************************************

メールアドレスはこちらです。 ~メールでも ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp  

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

よろしく お願いします。

|

« UESUGI価格改定 | トップページ | LINN KATAN アクティブ再生。 »