« 秋葉原日記 NO.71 | トップページ | ’80年代のCD »

2008年6月27日 (金)

銘機アナログプレイヤーから探るおすすめのプレイヤーとは?(後編)

**サウンドハウス1Fプレゼンツ**

■前編はこちら■

前編でトーレンスTD512を紹介させて
いただきましたが、過去の銘機(特にアナログプレイヤー)
を見てしまうと現代のアナログプレーヤーの紹介も
したくなってしまいます。

Td350

先ずはトーレンスTD350。トーレンス社の設計体制は
新しくなりましたが、過去の設計意匠を
引き継いで作られているあたりはさすがです。
右手で針を落とす扱いやすさはやっぱり伝統です。
(勿論、ベルトドライブでフローティングサスペンション)

これこそ、未来と過去をつなぐアナログプレイヤーの
王道です。
これで、満足できない方はスーパーマニアと思われます。

TD-350/TP-250

577,500円 > 価格、お問い合わせください。

Linn_lp12

只今、一番の売れ筋 商品はダントツで
LP12でしょう。電源を止めてもプラッターが
しばらく回り続ける加工精度はすばらしいものです。
(MAJIK LP-12も登場してますます買いやすく
なりました。)

LINN LP12 > 色々なバリエーションがあります。

お尋ねください。

Gyrose_unv1

どうしてもメーカーの規模を考慮すると
特定のアナログ雑誌紹介だけに限られている 
ミッチェルエンジニアリング。しかしながら、
このGYRO-SEはフローティングサスペンション付き
でダブルアームも可能とかなりのアナログマニアにも
こたえてくれる逸品ものです。
(ハイグレードな商品では意外に一番お求め安い値段です。)

ミッチェルエンジニアリング Gyro-SE 約450,000円~

>価格、お問い合わせ下さい。色々なバリエーションが

あります。お尋ねください。 

Rolfkelch

ここで最後はやはり同じくトーレンスの技術を踏襲している
ロルフケリヒ BabyBlueMK2も忘れてはいけません。
むしろ、昔のトーレンスに一番近いモデルかもしれません。

実はBabyBlueは一端、販売中止になっていましたが、
BabyBlueMK2は、今月末に最初のロットがステラボックス
に入荷します。定価は¥1.250.000-(税別)となります。
オリジナル製品との違いはサブターンテーブルが樹脂製から
メタル製(ReferenceDDと同じ)になりアームベースのサイズが
大きくなりました。(アームの適合性が改善)価格の差は、
上記の改善より製造コストの上昇と為替レートの問題が
大きいようです。

初ロットは数台で、今後の生産予定は未定となっております。
お値段は高くなってしまいましたが、潤沢な部品構成を考えると、
ロルフケリヒあなどれません。

ロルフケリヒ BabyBlueMK2 > 価格、お尋ね下さい。

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001 

FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

********************************************

サウンドハウス1F 新コーナー設置しました。4月4日UP

こちらも お楽しみ下さいませ。

■新コーナー開設!夢のアナログ球手箱♪

********************************************

メールアドレスはこちらです。 ~メールでも ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

      :富田 tomi@dynamicaudio.co.jp  

      :とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

よろしく お願いします。

 

|

« 秋葉原日記 NO.71 | トップページ | ’80年代のCD »