« 明日は試聴会を行います。 | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2008年6月13日 (金)

往年の名作レッドバロンを思わせるハイエンド電源ケーブルが格安で登場

**サウンドハウス1Fプレゼンツ**

これは現代のレッドバロン?

いやいや 青いのでブルーバロン

しましょう。(勝手に命名)

PhotoZonotonePhoto

Dscn0471

(ZONOTONE)ゾノトーン
 

6NPS-5.5Grandio

標準販売価格 50,000円

(税込み 52,500円)

売価、お尋ねくださいませ。 

私は電源ケーブルで筆頭に思い出すのが
恥ずかしながら、往年の名作レッドバロン
でございます。何故、恥ずかしながら
という言葉を冠につけたか
と言うと理由は勿論、
現在、売ってないからです。

当時、日本の電源事情の限界まで迫った
5.5スケアの極太芯線でありながら
当時10万円という価格設定に驚いたものです。

(また、それが有名になったのも寺○○国さんの
紹介だったことは かなり有名な話です。)

それが、PSE法とやらで、いつのまにか
なくなってしまい、私はベンチマークとなる
国産ケーブルを探している状態でしが....

ご安心ください。

形を変えてありました。しかも、さらにぐっと
お安くなって登場です。先ずは下の写真を
見てください。

Dscn0472

ハイエンドとちゃっかり謳ってます。

これで、お値段 なんと50,000円(税別)!(ウッソー)

導体構成としては現在のPSE法にも合わせた純銀メッキ
採用の高純度無酸素銅が往年のレッドバロンと違いでしょうか?
よって、帯域が広く、現在のオーディオに柔軟に対応します。

今回もギリギリの5.5スケアで作ってありますから、
電源ケーブルとしては最上級ケーブルとなります。

話は変わりますが、ゾノトーンという名前が示すとうり、
製作者は前園さんです。(株式会社前園サウンドラボ)
前園さんは以前 某O社の
社長であったことはもはや周知の事実でありますが、
ケーブル作りにおいても日本発の企画で様々な
センセーションを巻き起こした張本人ではないかと
考えています。
(昔はケーブルで音が変わることはあまり重要視
されてませんでしたよね。)

Dscn0470

これで、お値段5万円を考えると
ハイコストパフォーマンスにスーパーが
付くのではないでしょうか?

少なくとも、私は そう思います。勿論、ケーブルでも
人によって好き悪しがありますから絶対、
このケーブルがベストとかは判りませんが
かなりおススメできるケーブルとしていいのでは
ないでしょうか?

音調もハイエンドケーブルにふさわしく、
音が偏りません。

Zonotone

6NPS-5.5Grandio

常にコストパフォーマンスを
追求し続ける1Fならではのケーブルとして
紹介してみましたが、いかがでしょうか?
ご賛同していただいたでしょうか?

これは まさに現代のレッドバロンならぬ

ブルーバロンだー。

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

(ここは秋葉原価格で販売いたします。)

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001 

FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

********************************************

サウンドハウス1F 新コーナー設置しました。4月4日UP

こちらも お楽しみ下さいませ。

■新コーナー開設!夢のアナログ球手箱♪

********************************************

メールアドレスはこちらです。 ~メールでも ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

      :富田 tomi@dynamicaudio.co.jp  

      :とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp

よろしく お願いします。

|

« 明日は試聴会を行います。 | トップページ | ちょっとイイ話!! »