« 秋葉原日記 No,81 | トップページ | CR-D1LTD、RCD-CX1、CLASSIK MUSIC 08…注目のコンパクトシステムを一挙ご紹介!~第3回目 »

2008年7月27日 (日)

VIOLA FORTEブリッジにてATC SCM50SLPT。

Forte5 Scm50slpt6


昨日の試聴会も無事終わりましてフロアー復帰作業含めましてセッティングも変えました。MclntoshをJBL4338へ組み合わせVIOLA FORTE 4BOXESはATC SCM50SLPTへ、SCM50SLPTは余分な肉の付かない正々堂々たる音の出し方ですが、この魅力の中枢ともいえる大口径ソフトドームの分厚い中域を美味しく味わうにはちょっとしたコツが必要です。ここではSCM100SLPTも随分鳴らしましたがATCはアンプの素性がストレートに出てしまう為組み合わせによって音がガラリと変わります。現在FORTE 4BOXESではその分厚い中域を持ちながら低域までしっかりコントロール出来ていて、バランスと音場が本当に見事です。ATCのような真面目なスピーカーが鳴るようになってくると、それ以外の音に目移りする必要はないですね。これから暫くはこの組み合わせにてご試聴頂けます、ご来店お待ち致しております。

ATC SCM50SLPT ¥1,785,000(定価、ペア)
VIOLA FORTE 4BOXES ¥3,213,000(定価、ペア、1set¥1,606,500)




※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス2F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 秋葉原日記 No,81 | トップページ | CR-D1LTD、RCD-CX1、CLASSIK MUSIC 08…注目のコンパクトシステムを一挙ご紹介!~第3回目 »