« 中古品が出まシタ!! | トップページ | 秋葉原日記 No.90 »

2008年8月15日 (金)

’60年代に収録された音源

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eyes  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 98%




      ◆◇◆ 夏休み特集 ◆◇◆  

           念願の入手!! Vol.2

      Cd_jacket

■「BRIAN JONES Presents THE PIPES OF PAN AT JAJOUKA」
POINT MUSIC 446 487-2  1995年CD化 再発 ドイツ盤
(*アナログ・レコードのジャケット絵とは異なる。)

この北アフリカ モロッコ・タンジール地方ジュジュカ村での
フィールド・レコーディングされたソース、
「BRIAN JONES Presents THE PIPES OF PAN AT JAJOUKA」は。

JAZZでゆーと。
あのオーネット・コールマンの傑作の一つでアル、
「ダンシング・イン・ユア・ヘッド」1973年 A&M に近イ。
この作品もモロッコ現地ミュージシャンとの
セッションが含まれてイル。

オーネット・コールマンが、現地ミュージシャンを従えて
ハイ・ブロウなインプロビゼーションを展開。
ユルユルな泥FUNKでいてスピリチュアルな作品だッタ。

「BRIAN JONES Presents THE PIPES OF PAN AT JAJOUKA」は。
1968年のフィールド・レコーディングにしテワ。
意外と?録音状態も音質も良イ。

打楽器を打った音、パンパイプの吹出した音、ヴォイスが
1968年から40年もの時を経て、水を得た魚のよーに
現代のスピーカーの外側へ飛び出して来るから凄イ!!
これには驚き!!
リアルで高いテンションをもって、
生で演奏現場の臨場感を醸しだしてイル。

アッシ的には、ブライアンがプロディーサーの域を通り越シ。
この音源の中に、その魂が宿っている様を感じずには居られナイ。
そう。ブライアンは、1969年7月3日よりずう~っと
この音源の中で生き続けてイル!!

映画「ブライアン・ジョーンズ/ストーンズから消えた男/STONED」は、
2006年8月に日本で公開さレタ。

そして。ブライアンの遺作
「BRIAN JONES Presents THE PIPES OF PAN AT JAJOUKA」を、
2008年の同じ8月に入手出来た事実。
何かの? 因縁を感ジル。

CDジャケットのライナーノーツには。

Special Thanks to:
Mick Jagger,Keith Richards,Charlie Watts,Bill Wyman,Ron wood
Mr.and Mrs.jones,The Kindom Morocco,The Kingdom morocco Embassy...

これはブライアン本人の言葉ではなイガ。
最もストーンズを愛し続け、そして消えた男が、
ストーンズのメンバーに正面きって言い出せずにいた素直な想い...。
死後26年を経過しCD化された1995年に、
ライナーノーツが代弁シタ。

~完~

      Jumpinjack_flash

*写真は「ジャンピン・ジャック・フラシッュ」のシングル盤
キングレコード TOP-1282 1968年発売
中央がブライアン・ジョーンズ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

★下記は2006年8月30日
ホームページ「Dr.IGARASHIの正体」へ掲載した記事より。

映画「ブライアン・ジョーンズ/ストーンズから消えた男/STONED」
インプレより。

1968年夏 北アフリカ モロッコ・タンジール地方。
キースとブライアンとガールフレンドのア二タとの3人と、
マネージャーのトムとモロッコへ旅行に行く。
この頃のブライアンは、モロッコの文化に傾倒していた。

ブライアンが現地の民族音楽を,
フィールド・レコーディングをする目的もあった為。
ブライアンは仕事でイギリスへ一時帰国をする。
或いはブライアンが急病になり入院ってゆー説...。
その間キースにガールフレンドのア二タを寝取られてしまう...。

ってゆー以前からの説だったケド。映画は全く逆で、
ブライアンのほうがキースをからって、
アニタと関係を持つようそそのかしていた。
キースとの不仲説は無く、
むしろキースがブライアンを気づかっていたほど。

その翌年ブライアンは、1969年7月3日朝 自宅プールで没。

ブライアンの死については、
過去にいろいろな説で混迷していたケド。
この映画では新説?とも言うーべき、新事実が多く含まれていた。
少なくとも事件後に、庭師のフランクが自白しているのだカラ。
自殺説は無くなった。 ~中略~

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html
 
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

|

« 中古品が出まシタ!! | トップページ | 秋葉原日記 No.90 »