« Linn MajikでMinima Vintage。 | トップページ | 秋葉原日記 No.85 »

2008年8月 4日 (月)

LINN クラシックミュージック08 早速、検証してみました。

**サウンドハウス1Fプレゼンツ**

実用性抜群!使い倒せるレシーバー

CLASSIK MUSIC08

の実力は如何に!?

Linn_logo
早速、使って、遊んで、楽しんでみました。

Cimg0699

CLASSIK MUSIC08

325,000円(税込み)

いやー暑いですね。こんなに暑いと流石に秋葉原界隈も人はまばら

ですよ。こと、AUDIO界においてもこんなに暑いとちょっとモノを運ぶ

と汗びっしょりになってしまい、重いものを見ただけで汗だくになって

しまう気持ちになってしまいそーです。もし、この世の中に夏休みと

いう言葉が無かったらもー生きていく自信がありません。。

多分、真っ先に溶けてしまいます。

だからでしょうか?この夏にレシーバーの商品が増えてきてます。

そんな中、8月に新発売という粋な商品がLINNから発売

されました。

その名もクラシック ミュージック08。そうです。去年、突然

発売終了になってしまったクラシックミュージックの後継機です。

私もこれで、ちょっとした呪縛から解かれてホッとしています。

というのも、本当に毎週のように

クラシックミュージックの在庫ありませんか?

という御質問をお客様、挙句の果てはダイナ社員、業者からも

いただき、お断りする始末でした。

今、思えば最初、旧クラシックミュージックのホワイト色だけが

生産終了で黒、シルバーは2月~3月まで作り続けるような話

だったんですよね......

そう考えると、旧タイプの生産終了から半年以上待たせられた

訳ですから余計に期待を抱いてしまいます。

Cimg0697

先ずは上記の写真(全体)から判るように

CD12→KLIMAXシリーズ→CLASSIK MOVIEからくる

デザインはLINNを象徴するど真ん中のデザインラインです。

Cimg0684

背面写真ですが、ライン入出力は勿論、プリ出力、

デジタル入出力もあり、汎用性ということでは

これほどまで充実したレシーバーは稀ですね。

Cimg0698

CDトレイを真ん中からローディングする方式ですね。

しかも、CD部は勿論、LINNオリジナル設計です。

Cimg0704

これで、KOMPONENTシリーズのスピーカーなんか

どうでしょうか?デザイン的にはとても相性がいいのでは

ないでしょうか?

~写真はKOMPONENT 110 252,000円

(その他にもサウンドハウス1Fでは色々、他のスピーカーと

比較試聴できます。)

只今、サウンドハウス1Fで社員も含め、この

クラシックミュージック08で思う存分楽しんでいます。

次回も使用レポート敢行したいと思いますっ!!

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

 

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001  FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

メールアドレスはこちらです。 ~ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp 

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp 

宜しくお願いします。

|

« Linn MajikでMinima Vintage。 | トップページ | 秋葉原日記 No.85 »