« 秋葉原日記 No.85 | トップページ | 4Fの休日のお知らせ »

2008年8月 4日 (月)

X企画への序章~ベルトドライブの挑戦、夏が買い時CECプレイヤーが面白い。~

**サウンドハウス1Fプレゼンツ**

えーっ!?夏の夢、1Fお楽しみ企画

Cec_logo TL0X

Cectl0x

デジタルとアナログの融合体 

1FにCD最高級トラポがやって来た。YA!YA!YA!

~その音とは如何に!?~

CEC 最高級ベルトドライブトランスポート

TL0X 1,890,000円

> 価格、お問い合わせ下さいませ。

Cectl0xinup

1Fにいると、比較的、真空管メーカーも他店舗

(例えば上杉、トライオード、ベルエアーを中心に)

に比べ展示している数が多いのですが、その中で

真空管アンプに組み合わせたい送り出しソース機器

の選別にも苦慮する時がありますね。

実際、お客様からCDだと音が硬いと語られることが

結構ありまして、そんな中、昔のアナログに通じつつ、

やわらかく、情報量も多いという!?かなりわがままな

要求に応えようかと考えまして......

そこで、1Fで考えた結論がCECトランスポートは

どうだろうか?という仮説のもとに検証してみました。

先ず、ことわりを入れさせていただきますが、

ハイエンドトランスポートを1Fに置くことが

異例だと思います。なかなか聴くことの少ない

商品ですので、興味のある方は どうぞ遊びに

きてください。

Cimg0688

商品導入に至ってCECから機材が来ましたが、

なんと木箱で送られてきました。
 

Cimg0687

命となるメカ部はちゃんと要所をクッション材で

固定されています。かなりの超精密マシン扱い

です。

Cimg0691

音の鳴き、扱いやすさを考えトランスポートの下に
木製ボードを敷いてみました。

(また、これが重くて金属の塊のようです。スパイク
(3点支持)もありますので慎重にセッティングが
必要ですね。)

Cimg0696

見てのとうり、CECトラポをトップに
ノーススター、ゴールドムンドのDAC。
そして、AMP類は
クラッセプリメインアンプ CAP-2100、
トライゴン ENERGY
マッキントッシュMA6900G
LUXMAN L-509u
を準備しまして
B&W 804S
ダリ へリコン400MK2
ベルエアー LX-M3
で鳴らしています。

(結構、豪華絢爛で注目度はかなり高く、

日曜日は見入って、かつ聴き入っていた方

多数でした。)

Cectl51x  

勿論お買い得なTL51XRも導入しています。

次回、は試聴レポートです。ご期待ください。!

↓↓注文、お待ちしております。↓↓

hayashi@dynamicaudio.co.jp

(謎のX(エックス)企画進行中)

↓↓電話でもお待ちしております。↓↓

*********************************************

 

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001  FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

メールアドレスはこちらです。 ~ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp 

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp 

宜しくお願いします。

|

« 秋葉原日記 No.85 | トップページ | 4Fの休日のお知らせ »