« デモしていマス!! | トップページ | 3台のLP12 »

2008年9月 5日 (金)

MarantzでMinima Vintage。

Minima_13


UNISON RESEARCH(真空管)のプリメインアンプから変更しまして現在はMarantzのセパレートアンプでSonus faber Minima Vintageを鳴らしています。プリメインアンプでも十分なのですが、セパレートタイプで贅沢に鳴らしてみるのも味わってみたいと思い、組み合わせてみました。

真空管アンプからの組み替えなので始めは少しあっさりした音に聴こえましたが、この透明感が魅力なのだと感じます、スピード感ある表現とS/Nの良さは球と石の表現力の違いでしょう。弦の響きから打ち抜くスネアの表現もしっかり出せるところはセパレートアンプの力ですね、ジャンルを問わず楽しめるシステムになっていると思います、またMarantzのアンプは決算特別価格にてご紹介中です。是非ご試聴にお越し下さい。


*****************************
Sonus faber
Minima Vintage ¥472,500(定価、ペア)
Stand Iron ¥136,500(定価ペア、在庫少なくなっております)

Marantz
SC-11S1 展示特価品¥340,000(定価¥472,500)
SM-11S1 展示特価品¥410,000(定価¥577,500)


*****************************


Minima_12_2Minima Vinatageはこんな組み合わせでも鳴らしていました、
( )


*****9/20までは現在決算特別価格に変更してご紹介中です!!!!****

2Fの製品から連日特価品をご紹介中です、まずはコチラをご覧ください。

その他の展示品、中古品はコチラをクリックしてご覧下さい。



※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス2F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« デモしていマス!! | トップページ | 3台のLP12 »