« 秋葉原日記 No.107 | トップページ | ディスプレイを変えまシタ!! »

2008年9月28日 (日)

未体験、濁りのない世界。ジョセフオーディオRM7XLの紹介です。

**サウンドハウス1F**

Photo

濁りのない音って?.....

Josephaudio_logo

かの有名な

インフィナイトスロープの効果は如何に?

Cimg0896

ジョセフオーディオ RM7XL

標準販売価格 483,000円(税込)

■メーカーHPはこちらをクリック■

 最近では意外に取り上げることの少ないジョセフオーディオ

を紹介したいと思います。

 この商品の特徴ははメタルコーンウーハーユニットを使って

いながら、金属系ユニットの弱点である低域の共振周波数を

インフィナイトスロープ技術を使うことによって解消した画期的

なスピーカーです。(しかもアメリカ特許取得)

 また、インフィナイトスロープにより、高域と低域の

ネットワーク間の干渉を激減させますので、一聴しただけで

濁りの無い響きと音階の明瞭さがわかると思います。

Cimg0897

 そもそもインフィナイトスロープとは何ぞや?という方も

多いのではないでしょうか?また、本当に効果はあるのか?

と懐疑的な方もいらっしゃると思います。

 私の記憶では複数のコイルを直列、並列に組み合わせる

ことによって磁気的な干渉をなくすという技術だったと

記憶してます。また試聴した感想としては

デジタルクロスオーバーネットワーク等で低域のスロープを

調整をした時の印象と同じです。

(インフィナイトスロープはれっきとしたアナログ技術!)

まさに低域のスロープ設定を急峻設定したものと

同じような、またはそれ以上のスッキリとした聴感的な感じの

良さがでてますね。(数値的にはデジタルクロスオーバー

ネットワークよりも遥かにいいんです。!!)

 アメリカではかなりのオーディオファイルから認められている

スピーカーですが最近では ちょっと広告に載っている回数が

減ってきたようにも思います。

(新製品が色々でないと流石に雑誌に載りませんからね..)

しかしながら、このRM7XL なかなか あなどれません。!!

このなかなか聴けないスッキリ感 はっきりいって

ヤバいです。

他にもいいところ満載ですが、先ずは一番のアピールポイント

挙げてみました。

Cimg0899

このスピーカー、サイズのイメージよりずっしりきます。

ツイーターの方も秀逸な出来栄えなので価格的にも

入りやすいSPではないでしょうか?

(1F&2F&7Fで体感できます。)

↓↓1Fの方まで注文、お待ちしております。↓↓

hayashi@dynamicaudio.co.jp

↓↓電話でも お待ちしております。↓↓

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001  FAX:03(3253)2006

サウンドハウス:1F HP

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら

サウンドハウス1F 過去のブログ選!

◆アンプコーナー  ◆

◇スピーカーコーナー◇

◆プレイヤーコーナー ◆

◇アクセサリーコーナー ◇

メールアドレスはこちらです。 ~ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp 

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp 

宜しくお願いします。

|

« 秋葉原日記 No.107 | トップページ | ディスプレイを変えまシタ!! »