« 2008年のCD | トップページ | 「EMT JPA66」異端児ではなく、あえてスタンダード。 »

2008年10月 6日 (月)

1年経ち、やはりLINN DS。

Aku_ds1


インターナショナルオーディオショウ2008はやはり大盛況の中幕を下ろしました、初日に行って来ましたがどこのブースも混んでいて全て回るのは不可能でしたが、注目していたところへは何とか足を運べた用な気がします。馴染みのお客様にも沢山お会いできてあれこれ立ち話をしたりと、

ああいった場所でお会いしてお話しするのも年に一度ですから新鮮でとても楽しいですね。続く土、日はオーディオショウ帰りにこちらへ寄って頂いたにもかかわらず納品等でフロアークローズしていた時間もあり後にお客様から「寄ったけど閉まってたよ」と色々な方からご連絡を頂きましてご迷惑おかけ致しました。印象深かったのはやはりLINNのブースでしょうか、昨年の同じ時期始めて見る「DS」という製品に自分を含め沢山の方がブースを占領していたにもかかわらず説明を聞いても理解するのが難しく、その音を聴くのに精一杯だったような気がしています。が、今年はデモを行っているLINNのブース自体の雰囲気が違いました、シリーズも出そろったDSを見ている方も試聴される方もすでにご存知の方が殆どといった具合で、この1年で浸透したLINN DSという製品の力を改めて感じた瞬間でした。その影響も少しはあるのでしょうかオーディオショウ以後もこのフロアーへDSの試聴に来られるお客様が多くありました、 やはりラインナップの最後に出てきた「MAJIK DS」に興味が集中している様子でしたがここではAKURATE DSがありますのでまずはDSの表現力という事で沢山の方にじっくりご試聴頂けました。現在LINN DSはキャンペーン中です、このキャンペーンもしっかりご利用頂きましてお考えの方はご試聴、お問い合わせ頂ければと思います。

今月は弊社恒例のマラソン試聴会もあります、いつもより少し賑やかに日が進んで行くと思いますが、皆様もご一緒に楽しんで頂ければと思います。


※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス2F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 2008年のCD | トップページ | 「EMT JPA66」異端児ではなく、あえてスタンダード。 »