« 秋葉原日記 No.121 | トップページ | 絶賛発売中・・・ウエスギアンプ »

2008年11月15日 (土)

やっと聴けました、ATCのダブルウーファー。

Atc2
数日前になりますが、気になっていたスピーカーの試聴をする事が出来ました。このフロアーでは常時デモをしているスピーカーのひとつ、ATC。中域の分厚さと

芯のあるバランスの取れた表現力は他のスピーカーに真似の出来ないATCだけの世界がありますが、38cmダブルウーファーが輸入代理店の試聴室に並んでいると聞いて早速試聴させてもらいました、しかもパッシブとパワードの2種類、こんなチャンス滅多にありませんからね。試聴室に入るとさすがにそのサイズで圧倒されましたが、気持ちを落ち着けて持ち込んだCDとレコードを出して、勿論音量も目一杯。スピーカー自体は次の移動の為しっかりセッティングされている状態ではありませんでしたが、その「とりあえずの音出しのため」の状態でも結局驚かされる事になります。まずはパッシブから聴きましたがやはり38cmダブルウーファーの低域は凄い、元々75mmの大口径ソフトドームスコーカーで分厚い中域が1番の魅力ですがこの構成ではそれだけに留まらずどんどん低域が出てくるのです、とにかくライブ。一体どこまで出るのかなとボリュームを上げてみましたが、こちらが気負けして駄目なくらいでした、それでもウーファーはピクリともしませんし音全体のバランスが崩れないところも改めて脱帽です。続けてパワード(こちらはインライン配置)、勿論気持ちの上ではこちらがメインでした、外付けアンプのファンの音もこれから出てくる音楽と音圧の為に息を整えているようで気にもなりません、かなり思いっきり出してみましたが、やはりライブです。文句無しに気持ちの良い音が飛び出してきたのもありますが、想像を超えて圧倒されました、恐るべしATCダブルウーファー。

ここ2Fでは現在SCM 50SLPTがご試聴頂けます。



その他の2Fの情報はこちらをご覧下さい、
サウンドハウス2F

※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス2F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« 秋葉原日記 No.121 | トップページ | 絶賛発売中・・・ウエスギアンプ »