« アンダンテラルゴ:サブテーブル(LP12バージョン)。 | トップページ | 先ずは手にしたDSの仕様確認 その2 »

2008年11月10日 (月)

「SK-CD」間もなく発売です。

もうこの数日は本当に寒いです、寒くなってきたというよりは、寒いです。やっと年末らしくなってきたというか、もう11月も半ばにさしかかろうというところですからね、これくらいでないと

という気持ちですがやはり寒いです。昨日は午前中LINN DSの自宅試聴へH様宅へお伺いして来ました、Pawel acoustics 「ELEKTRA」が気持ち良く鳴るスペースにDSを組み込んでご試聴頂きました。すでに他メーカーのHDD内蔵CDプレーヤーをお使いでしたが、AKURATE DSを聴いてその表現力の高さに驚かれていました。お気に入りのソフトをその場で次々にリッピングして十分に体験して頂けたと思います。H様有り難うございました。

Skcd Skcd1

さて、先程はアンダンテラルゴからの新製品をお伝えしましたが今度はこちらです。SK-EXと言えば記憶に新しいでしょうか、帯電イレーサーとしてここでも沢山の方にご紹介させて頂いております。そして、今回の新製品は「SK-CD」、名前の通りCD専用サイズとなってさらにコンパクトになっています。SK-EXに付属していた「ZERO-SHOT」もSK-CDにはうまくはめ込まれていますのでとにかくCDをいれてゆっくり深呼吸(2回くらい)をしたら開けて取り出すだけ。効果の程はすでに「SK-EX」で周知の通り、これならどこへでも持って行けます、お客様宅へお伺いする時は特に必需品となりそうです。レコードやケーブル等も出来るのはSK-EXとして、更にコンパクトにお使い頂くにはこの「SK-CD」をどうぞ。


SK-CD ¥16,800(税込、レッド&ブラック)
※12月1日からの発売となります。



その他の2Fの情報はこちらをご覧下さい、
サウンドハウス2F

※上記内容へのお問い合わせは下記担当柴田までお願い致します。

サウンドハウス2F
03ー3253−2001柴田shibata@dynamicaudio.co.jp

|

« アンダンテラルゴ:サブテーブル(LP12バージョン)。 | トップページ | 先ずは手にしたDSの仕様確認 その2 »