« ありがとう そして さよなら DENON SA1シリーズ | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2008年12月10日 (水)

’70年代のアルバム

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eyes  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97%


 
           最速のドラマー

Bruford

ビル・ブラッフォードは、好きなドラマーの一人。
1970年代 大英帝国が誇るプログレ・ロック・グループ
イエス のドラマーとして在籍をしてイタ。
ってゆーとピンと来る方も多いと思ウ。

イエス 脱退後は、同じく大英帝国が誇る
プログレ・ロック・グループのキング・クリムゾンへ移籍。
その後、JAZZ系のミュージシャンとセッションを繰り替えして、
現在に至ってイル。

彼の特徴は何と言っても、スピード感!!
時計の針の如く細かなリズムを刻む繊細な感性。
そして何と言っても。
スカッと抜けの良いトーンが、聴いていてとても気持ちがイイ!!

♪タン・ス・タ・タン・タン・タ・タ・タ・タ・・・!!

と十六分音符を小気味良く連打し、何時も正確なリズムを刻みツツ、
変則リズムを混ぜて複雑なリズム展開をスル。
人間リズム・マシーンみたいな?ドラマー。

このアルバムは、NEW WAVE系レーベルの EG より
1979年に発売さレタ。ビル・ブラッフォードが、
最も JAZZ=FUSION へ傾倒した意欲作!!

イエスやキング・クリムゾンの持つ、
雄大かつ音がめいっぱい詰まった緻密な音世界を、
ミニマル・コンパクトに凝縮したシンプルなカルテットの編成。

ギターには。あのライト・ハンド奏法を生み出シタ、
最速テクを誇るアラン・ホールズワースを。
ギターとドラムによるスピード・レースを繰り広げル。

ジョン・ボーナムやデニス・チェンバースのよーな、
おもいっきり腹に堪える、重圧感のあるドラマーも快感だケド。

この対極にあって。
軽快でスピード感が抜群な、ビル・ブラッフォードの
ドラミングも堪えられナイ!!

このアルバム全対を聴き終わルト。
頭の中がスカッとして、不思議と?安堵感さえ覚えル。

■「ONE OF A KIND / BILL BRUFORD 」
  EGCD-40 1979年 EG (輸入盤)
  BILL BRUFORD(ds) ALAN HOLDSWORTH(g) DAVE STEWART(Keyb)
   JEFF BERLIN(b,Vo)

■お問い合わせ/ご予約/ご注文は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp
 
TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

///////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html
 
TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

///////////////////////////////////////////////////////

|

« ありがとう そして さよなら DENON SA1シリーズ | トップページ | ちょっとイイ話!! »