« ソネッティア モーフィアスの操作性~第3回目~ | トップページ | 大変、売れています!~Pro-Ject”Box component”シリーズ »

2009年1月22日 (木)

’60年代のLP

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eyes  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 95

             動と静

  Left_alone

1970年代初頭のJAZZ喫茶で、
このアルバムが演奏されると...。

そのまま席を立つ人が居たり、
または。JAZZ喫茶の人にブーイングされタリ...。
そんないわく付のアルバムだッタ。

1976年芥川賞の小説「限りなく透明に近いブルー」
村上 龍 作品でも、このアルバムが登場してイテ。
前出と同様のスチュエーションが、克明に描かれてイタ。

つまり。「動でノリ」のJAZZを聴きたい人達にとっては、
ジトーっと暗くてノリが悪い「静」がその感性に陰影を残ス。

本アルバムのハイライトであるA面1曲目に収録さレタ、
タイトル曲「レフトアローン」。
故ビリー・ホリデーを悼んで、ビリー・ホリデーの最後の
伴奏ピアニストだった、マル・ウォルドロンの名演なのダガ...。

このレコードに針を落とした瞬間から、
背筋が寒くなるほどの暗い恐怖の世界へと、
リスナーを引きずり込んでしマウ。

しかも。レコード・ジャケット絵には、
ピアノを弾くマル・ウォルドロンの横に、
ビリー・ホリデーの亡霊が...。

ビリー・ホリデーの歌声が、マル・ウォルドロンのピアノに
乗り移り鍵盤は語り始めル。

しかし。この曲でアルト・サックスを吹く
ジャッキー・マクリーンにとっては、一世一代の名演とナル。

切々たる哀歓に満ちたフレーズで、あっとゆー間に
リスナーを虜にしてしまう感動的な瞬間!!

1970年代初頭。パブリック(JAZZ喫茶)で、
聴いていた頃は。アッシ的にも、おもいっきり「静」。
2009年の今。改めてプライベート(自宅)で聴き直してみルト。
意外と。躍動感のある「動」の局面が見え隠れして。
意外な局面が...。

当時は若さだったノカ?
今は成熟した大人となったからカ?
やはりレコードは、生きてイル。

■「LEFT ALONE / MAL WALDRON」
  1960年録音 BETHLEHEM

MAL WALDRON(p) JULIAN EUELL (b) AL DREARES(ds)
*JACKIE McLEAN (as)A-1
          
■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

////////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html

///////////////////////////////////////////////////////

|

« ソネッティア モーフィアスの操作性~第3回目~ | トップページ | 大変、売れています!~Pro-Ject”Box component”シリーズ »