« Amphion phono3 mono. | トップページ | Freedom Train. »

2009年1月 9日 (金)

OCTAVE最新パワーアンプ試聴会のお知らせ

日時 1月18日 日曜日 PM3:00~PM5:00
場所 サウンドハウス 5F アメリカンサウンド フロアー
参加ご希望の方はお電話かメールにてご予約お願い致します。       

使用機器 
OCTAVE      JUBILEE PRE
OCTAVE      JUBILEE MONO BLOCS
LINN       LP12SE
LINN       KLIMAX DS
JBL        DD66000RW

11月29日に行いました、OCTAVEアンプの試聴会はトランジスターとか真空管といった昔から語り継がれていたデバイスの個性や特長を越えたサウンドを現してくれて、私自身も大変満足も勉強にもなったと思う会でありました。

そして今回の試聴会はJUBILEEシリーズの最高峰パワーアンプの本邦初お披露目の場となりす。その名は「JUBILEE MONO BLOCS」
http://www.octave.de/english/products/jubline/info_jubmono_eg.htm
機器の内容は
出力段6550Cx8構成 250W(4オーム)
280W 750H 420D 70Kg
販売価格は1SET 800万前後の予定でございます。

スペックから音は聴こえてこないのでありますが、ME130の実力からしてかなりの期待がもてる内容だと判断できます。

さて、真空管でパワーを取り出すにはどうしても最終段を多段構成にしなければなりません。しかし、出力管の数が増えれば増えるほどサウンドのスピード感や透明感が鈍くなってしまう傾向があるように私は思っています。もちろん動作上の安定度にも不安があります。しかし、ME130+KT88のサウンドは大きく私の期待をいい意味で裏切ってくれたアンプなのでそんな心配は全くしてもいません。JBL DD66000 と現代の真空管ハイブリッドアンプがいったいどのようなサウンドをここで再現するのか、私も凄く楽しみであります。

また、当日はなんとOCTAVEより代表者である アンドレアス・ホフマン氏も新型アンプと共にわざわざこのフロアーに来てくださるとの連絡も受けておりますので、当方としてはサウンドの責任と音楽の責任とダブルの重圧が圧し掛かってきてこの場から逃げ出したい気持ちでありますが、気持ちを切り替えて ホフマン氏を迎え撃つ気持ちでガツンと音楽を・・
OCTAVE AMP の力を借りて再生しようと思います。

選曲は当日までお楽しみという事でお任せ下さい、勿論再生音量は大音量から小音量まで幅広く・音楽の種類ももちろん幅広く集め、LINN KLIMAX DS とLP12SE で再生します。

当日はかなり思い切った音楽再生も行う予定がございますので、勇気のある方はぜひ今回の試聴会にご参加してみて下さい。皆様からのお申し込みを心よりお待ちいたしていります。                          

Mono_2サウンドハウス 5F 担当 厚木

03-3253-2001  atsugi@dynamicaudio.co.jp

  

|

« Amphion phono3 mono. | トップページ | Freedom Train. »