« ’60年代のLP | トップページ | ちょっとイイ話!! »

2009年1月22日 (木)

大変、売れています!~Pro-Ject”Box component”シリーズ

 こんにちは。

 今回は、”年末・年始、サウンドハウス1Fでもっとも売れたアンプ”をご紹介します。

Dscn0901

Pro-Ject「Box component」シリーズ

 オーストリアのアナログプレーヤー・メーカー「Pro-Ject(プロジェクト)」がお送りする、コンパクト/スタイリッシュなコンポーネント・システムです。

 特にお薦めしたいのがプリアンプ「Pre Box(標準価格\57,750)」とパワーアンプ「Amp Box(\57,750)」。

 「Pre Box」には幅、わずか103mmのボディに、2つのRCAピン入力を装備。しかもリモコン使用での音量調節まで可能!

 「Amp Box」は出力20W(8Ω)ながら、大容量ACアダプターの採用で充分なドライヴ力です。付属のケーブルを接続すれば、「Pre Box」と電源ON/OFFを連動できます。

Dscn0903

 それぞれ700gにも満たない重量、はなんといっても最大の魅力。聴きどころを押さえた、バランスの良いサウンドが”あっぱれ”です。

 ※写真はPIEGA「TS3(標準価格\144,900/pair)」。

Dscn0902

 シリーズには新製品アナログプレーヤー「Debut Ⅲ(標準価格\72,450)」や、マッチングする4種類のフォノ・イコライザーアンプをご用意。iPodなどのポータブル・オーディオプレーヤーはもちろん、アナログファンの方にもお薦めです。

 2月には、”iPodドック”、”USB-DAC”など新機軸の商品も登場予定!入荷次第、情報をUPしていきます。

1F担当:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp

お問い合わせは サウンドハウス (03)3253-2001 1F:林、富田、とも田まで。

サウンドハウス 1F:Web http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/1f/index.html

|

« ’60年代のLP | トップページ | ちょっとイイ話!! »