« 「JBL K2-S9900とJAZZの時代」 | トップページ | やってきました、Mclntoshのアナログプレーヤー「MT10」. »

2009年2月24日 (火)

この生々しさには驚きました。1枚18万円(!)のクリスタルCD比較試聴

Dynasoundhouse1fspadespadeサウンドハウス1Fspadespade

御注文受付中です。

Scan10078

 ビクターSPの新製品お披露目に業界では

有名なTさんがついに やってきました。

以前のビクター黄金世代に陣取ってやっていた

コテコテのビクター魂を持つTさん。

ダブルのスーツできていただき、オーラ満々。

本当に楽しい話をして下さってありがとう

ございました。脱帽です。

↓ビクター新製品SPも上々の反応でした。

(写真に写っているのがビクターTさん。)

Photo

↑↓先ずはビクター絡みで今、話題になっている

のはこれでしょう!話題のマスタークリスタルCD。

1枚18万円。持つだけで緊張します。

Cimg1658

何故マスターCDかといいますと、実はこれ

マスタークランパーをそのまま流用。さらに

金蒸着をして完成。

(銀蒸着だと酸化の問題でダメだとか....

私、限定販売銀蒸着CD買った記憶が昔

あるのですが、それって...?怪しい。)

よって数も限定されるわけなんですね。

(高い理由に納得。)

Cimg1653

今回は同じソースをクリスタルCDと普通のCDで

聴き分けました。

Cimg1655クリスタルCD盤

Cimg1656普通のCD盤

******************

試聴に使った機材:

スピーカー B&W 804S

アンプ   ラックスマン L-509U

CDP   デノン     DCD-SX

******************

聴いたアーチスト:

↓こちらです。↓

Scan10075

結果としては情報量は当然の如く、ありますし

もう本当に生々しく聞こえます。今、レコード屋

(CDショップ)に行くとSHM-CDや

ブルースペックCDがありますが実はそれにも

盤の個性があり、究極のDISCはやっぱり

これではないかと唸ってしまいました。

 これは個人の感性の問題とは思いますが、

ここまで生々しく聴こえると川井郁子さんが

奏でるバイオリンまでも何か生々しさから

エロスまで漂ってくるようです。(笑)

(実は某レコード店店主も同じ手法で

お客さんにアプローチの決め言葉で

やっているとか......)

そう、クリスタルCDも川井郁子さんも

キーワードはフェチあってのものかも

しれません。

↓↓でも高いなー!↓↓

tomo@dynamicaudio.co.jp

(でも、ほしい~。)

↓↓電話でも お待ちしております。↓↓

真空管やアナログプレーヤーは勿論、デジタルまで
お問い合わせはサウンドハウス1Fまで

TEL:03(3253)2001  FAX:03(3253)2006

Dynasoundhouse1f spadespadespade1F HPコンテンツ紹介spadespadespade

■サウンドハウス1FのHPはこちらをクリック■ 

ダイナ サウンドハウス1Fアナログ球手箱はこちら 

サウンドハウス1F 過去のブログ選! 

◆アンプコーナー  ◆ 

◇スピーカーコーナー◇

◆プレイヤーコーナー ◆ 

◇アクセサリーコーナー ◇

メールアドレスはこちらです。 ~ご予約承ります。~

音の職人:林 hayashi@dynamicaudio.co.jp

アシスタント:富田 tomi@dynamicaudio.co.jp 

       とも田 tomo@dynamicaudio.co.jp 

|

« 「JBL K2-S9900とJAZZの時代」 | トップページ | やってきました、Mclntoshのアナログプレーヤー「MT10」. »