« タンノイ+ラックスマン「SQ-38u」の魅力 | トップページ | 7F新着中古情報です。 »

2009年4月27日 (月)

2006年のCD

◆◇◆ DR.IGARASHI   Today'sPhoto_70eyes  ◆◇◆Beers_68

☆DR.IGARASHI 今日のBeer指数 97

       長唄とクラシックの融合!?

Yamada_kousaku

ナクソス・ジャパンより好評発売中の
「日本作曲家 選輯」シリーズ。

国産クラシック18名のアーティスト達と、
オムニバスを入れた全22集。

その作品の中でも、最もアッシ的に興味を引いたノガ。
■「山田 耕筰 / 長唄交響曲「鶴亀」(1934)
  交響曲「明治頌歌」(1921)
   舞踊交響曲「マグダラのマリア」(1916) 」
  NAXSOS 8.557971J 2006年発売 

  販売価格\990税込み 
  (*通販致しマス。 送料\300税込み 1枚)

「日本人は西洋音楽で何を為せるか、耕筰の苦悩の軌跡」
とCD盤の襷にあるキャッチ・コピーが物語るよーに。

明治・大正・昭和とゆー激動の
時代背景を背負って生きながらにシテ。
欧州留学で培った山田耕筰の感性が、
ダイレクトにリスナーに伝わって来る傑作!!

西洋音楽を受け入れ、日本人のナショナリズムを
音楽として濃く描いて行く音絵巻。

平成の現在、世界をまたに駆けて活躍する
アーティスト達は沢山居るけレド...。
山田耕筰のスチュエーションとは逆に、
欧米の影響下に身を置き、
日本人としてのナショナリズムは、
かなりソフティトケイトされてしまってイル。

何と言っても。このアルバムのハイライトは。
長唄交響曲「鶴亀」!! 1934年に完成。

~歌詞より 中略: 
大臣が皇帝に言上する。「皇帝陛下、どうにか
鶴と亀を御前で舞わせて下さい。」皇帝は頷き、
鶴と亀は喜んで舞う。鶴と亀は皇帝に、
永遠の命を授ける。皇帝は喜び自らも舞始める。

19世紀半ばの長唄をそのまま演奏し、
バックグラウンドに管弦楽を配置。

CDプレーヤーをスタートさせてJUST!!
長唄から始まり、三味線が入り、管弦楽が加わル。

日本として西洋音楽に影響を受けた感性。
その影響下に於いて、ナショナリズム極めた、
驚愕のパフォーマンス17分21秒が炸裂!!

我々、日本人として忘れ去られていた旋律。
懐古主義ではなく、日本人だったら誰しも血の騒ぐ、
日本人意識を感じ取らずにはいられない作品。

しかも。
国産?海外クラシックの歴史の中でモ。
アッシ的には、NEVER HEARD BEFORE って言エル。
凄い作品!!

尚、録音はDDDで、ナチュラルなカーブ特性が心地良イ。

*ナクソス・ジャパン「日本作曲家 選輯」の
詳細は下記でどーぞ。
http://www.naxos.co.jp/onsale_japaneseseries.html

■お問い合わせ/ご予約は下記へどーぞ。 
mailto:igarashi@dynamicaudio.co.jp

TEL 03-3253-2001 サウンド・ハウス  7F 五十嵐

////////////////////////////////////////////////////////

  ◆◇◆ DR.IGARASHIのホーム・ページ ◆◇◆

■「DR.IGARASHIの中古品/特価品 情報」
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_iga_used.html

■「 DR.IGARASHIの名機/珍品講座」
  最新号 毎週更新していマス!! 
http://www.dynamicaudio.jp/audio/sh/7f/dr_igarasi.html

///////////////////////////////////////////////////////

|

« タンノイ+ラックスマン「SQ-38u」の魅力 | トップページ | 7F新着中古情報です。 »